哲学に戻る

ヤスパース

実存主義の哲学者。

本来の自分に立ち返る

ヤスパースは、集団の中で没するのではなく、本来の自分に立ち返ることで、哲学的真理を取り戻すことが出来ると考える。

後日注記:ヤスパースは自己啓発のビジネスマン・啓蒙作家のような哲学者であり、人間が自分の本来の姿に立ち返ることで、自分らしさを取り戻し、哲学的真理へと近づけると考えた。

包括者の暗号

ヤスパースは、この世界に起きる全てのことを、神のような「包括者」や「超越者」の暗号であると考える。

枢軸時代

ヤスパースは、中国の諸子百家、インドのウパニシャッド哲学や仏教やジャイナ教、イランのゾロアスター教、パレスチナでのイザヤ・エレミヤなどの預言者、ギリシャのホメロスやソクラテス・プラトン・アリストテレスなどが紀元前800~200年に現れたことを受けて、この時代のことを「枢軸時代」と呼んだ。