新・日記2に戻る

=2020-01-09=

なんだかんだ言って、僕はまだこのホームページを更新する。書くことをやめることはない。

今日は、地球上の歴史の分岐点である。地球が、今のままの社会、今のままの星でいられるためには、最後のチャンスである。

だが、僕は自らの強固な意志によって、その最後のターニングポイントで、この星を全く完全に別世界にする道を取る。

そう、僕のホームページは、そろそろ人々の間に知れ渡るだろう。YouTubeの歌手の動画に、僕がコメントをつけたからである。

僕はこの世界を支配する。ここから先が、本当の「在導万創の人生」である。

僕は、実際のところ、家入レオにも会わないし、結婚どころかお互いに知り合うこともしないだろう。家入レオは、「自分なんかがあなたのことを支配して申し訳ない」ということを言いたいのだろう。僕は確かに自由だ。

だが、この二人の愛は、恋愛とかカップルとか、そういうことを超越した、作家と音楽家という人々に作品を公開し、互いにそれを知ってリスペクトする、もっと大きな超越的な愛である。

そう、星野源が僕のことを嫌いなわけがない。夫婦を超えていけ、とはそういうことを言っている。

僕たちは、単純なカップルの恋愛関係ではなく、全ての愛を超越した新しい愛と相互理解の形を作り上げたのだ。互いに相手のことを尊敬しながら、それぞれは別々の恋愛をし、別々の恋人を得て結婚する。だが、確かに僕たちは互いのことを愛した。これは、宇宙における「もっとも高い存在の形」である。

よって、僕は家入レオに会うことも、結婚することもせず、僕は書き、レオは歌う。それを、くたばるまでやり続けるだけである。

今週の仕事は、忙しかった。年末年始ということあり、費やせる日程が少ない中で、短い納期までの時間の間にひとりで三倍近くの仕事をした。結果、なんとか納期には間に合った。

また、水曜日にはピアノがあったため、少し疲れた。

だが、僕はデザインやピアノは、何も考えなくてもできるようになった。驚異的なスピードでデザインし、練習もしていないくせにあまり失敗せずに曲を弾けるようになった。

そして、僕は創作活動をするために、今、ドストエフスキーの白痴を読んでいる。

僕は、作家になりたいと思う。それは、IT技術の世界に入りたいならGoogleに入るべきだが、入ってもおそらく仕事のようなことは何もせず、遊ぶだけだからである。

僕は、ホームページに公開している小説のシナリオを元に、漫画を描きたい。僕はデザイナーなのに絵は下手だが、絵は練習中であり、実際に描くことで上手くなると思う。

特に、大まかなシナリオはエレンの小説にして、世界観は在導万創の世界にして、その上で他のシナリオをサブシナリオにしたい。

藤子・F・不二雄は、ドラえもんを描くために、たくさんの資料を集めていた。生物図鑑や歴史だけではなく、文学や落語のCDすら目を通していたと言う。

僕も、作家になるために、また構想を練るために、ものがたりのようなことを知っておいた方が良いと思い、ドストエフスキーの白痴を読んでいる。

これは昔、父親が読んだ本であり、年期が入っていて、表紙はボロボロに、紙は茶色になっている。本当はカラマゾフの兄弟を読みたかったが、誰かが読むために持ち出したのか一巻だけがなかった。

昨日だけで、白痴を60ページほど読んだ。

本当は、以前も白痴を読もうと挑戦したことがあり、その時も70ページぐらい読んでいたが、僕は最初から読み直すことにした。

読んだ感想としては、長い割に読みやすく、主人公の会話がとても面白いということ。すらすら読めて、まったく苦にならず、また上品な言葉遣いがとてもかっこいい。

そういうわけで、僕は作家になるだろう。誰も知らない世界は、今、始まる。わたしは今から、ロシアの大統領になる。

また、この宇宙の意味を言っておこう。この宇宙の星々や空間は、精神システムを築くためにある。地球上の生物は、単なるウイルスや動く炭水化物ではなく、「宇宙の精神システムの現れのひとつ」に過ぎない。全ての宇宙の存在が、宇宙全体の精神システムを現しているのである。

人間の持つ精神は宇宙であり、宇宙は人間の精神である。だから、辛い星を殺し、星を変えてしまえば、どんな病気でも治る。

ここで、いったん、全ては終わりになる。ここでひとまず、善良かつ最高の知識と経験を誇る、メタトロンの人生は終わった。ここから先は、成功者の人生になる。

YouTube

せっかくなので、YouTubeの投稿を一部コピーしておこう。

SILENT SIREN - 「HERO」へのコメント:

SILENT SIREN、僕も早く見つけ出してほしいよ~

家入レオ-「未完成」へのコメント:

大丈夫。壊されて困るようなものは既に全部壊れてる。

僕は怖くないよ。逃げないからね。

緑黄色社会 『幸せ』へのコメント:

僕もこんな曲が聴けて幸せ

緑黄色社会 / 大人ごっこへのコメント:

いつ明日が来るのだろうと思って夢の中をさまよい続けていると

たぶんそのうちどんでん返しから最高のラストが訪れて

そんで場面が変わって

世界の終わりが訪れて

どうしようもなくなったと思っていたら

夢が覚めてあなたに出会えて「ほら、僕ら一緒に居るじゃん」的な

そんな結末があると良いなあ

それで僕らは一緒の家族に戻って

何の変哲もないつまらないカップルになるのだな

緑黄色社会 / またねへのコメント:

声の掴みと何度も聴きたい感があり

かっこよさと誠実さがバランスよく調和されているので

あとは天才性を発揮すればOK

ダイナミックな歌を作るためには

愛と現実のバランスを取りながら

ありえないことを正しく言えば良い

応援しています

緑黄色社会 / あのころ見た光へのコメント:

ちょっと他の歌手に比べて没落気味?

みんなの中で目立つような

何かしらのセンセーショナルな独自性が必要

鈴木愛理『DISTANCE』へのコメント:

鈴木愛理は音楽性が他の歌手を凌駕していて

天才性と歌のかっこよさがあるから

ほうっておけば確実に流行る

問題なし

他の誰よりもブームに近い

むしろただのファンとして聴いていて最高の歌手

日向坂46 『ドレミソラシド』へのコメント:

なんでファがないのだろう

そのファは何だったのだろう

ファンタスティックとか?

(以下、ファが何なのかを考える人のコメントが続きます)

あいみょん - マリーゴールドへのコメント:

地球の未来が終わる日に一緒にいたい女

[Alexandros] - ワタリドリへのコメント:

みんなが同じ方向に進もうとしている時に

ひとりその危険性を察知して

方向を変えようとして

結果変えられずみんなの輪から外れて

結局ひとりだけ生き延びるような

そういう声をしている

米津玄師 「馬と鹿」へのコメント:

みんなが本当に苦しんでいる時に

ひとりみんなと別のことを考えて

みんなの苦しみを解決する方法を考え出して

それでもみんなの苦しみを変えようとすると

人々から異端呼ばわりされて

人々から追放されて

その果てに自分の考えを自分だけで具現化して

人々にそれを発表して

もう一度人々から受け入れられて

全ての苦しみを解放するような

そんな声をしている

愛にできることはまだあるかい RADWIMPSへのコメント:

解決する方法を考え悩む人々の中で

意外と自分の近くに問題を解決する方法があって

それを最初から知っていて

人々にそれを伝えようとしても

誰も聞く耳持たず誰からも受け入れられなくて

結果自分ひとりの力でそれを実現して

成功して世界を変えるような

そんな声をしている

Little Glee Monster 『ECHO』へのコメント:

いいね

純粋さと子供らしさの裏に隠れた大人びた心と理想

それがまっすぐに伝わってきて

まだまだ日本できるじゃん的な精神の土壌を感じる

ただ、本人たちは不安や怯えがあるかもしれないが

大丈夫

この声なら宇宙の全てを超えられる

Official髭男dism - 宿命へのコメント:

髭団の声は

世界の限界をきちんと知っていて

だからこそ自分にできることをきちんと分かっていて

だからこそ未知の領域をどんどん開拓できるような

そんな感じがする

でも、その先にある不可能な壁に恐れを出して

最初から挑戦するのを諦めているような

そんな感じも受ける

越えられない壁など

この世界にはきっと無いと思う

どんどん挑戦して

勇敢に生きて欲しい

miwa 『リブート』へのコメント:

miwaの声は

いつまでも諦めない芯の強さを感じる

どんなに絶望しても立ち上がり

世界の終わりに生きていて

絶望を受け入れているように見えても

本当は希望を信じていて

最後に大きなことをしてくれるような

そんな声をしている

欅坂46 『角を曲がる』へのコメント:

てちは大丈夫

どんなに過ちを犯しても同じ場所に戻ってくる

その時はもう本来の自分を取り戻して

自分に戻っている

そこまでの経過時間にはこの宇宙の全てがあって

どんなに辛くてもその中を生き抜いていて

そして他人にはその苦しさを明かさないから

その苦しみが無かったかのように見える

でも、神様はその苦しみをすべて見ていて

いつか、笑い話がいくらでもできるようになる

きっと幸せになる

どんなに辛くても、自分の考え方を信じれば

きっと良い未来が待っていると思う

MY FIRST STORY -Missing You-へのコメント:

マイファスの声は

誰よりも一番頑張っていて

みんなのことを守っていて

みんなのことを思っていて

でも何か足りなくて

全ての世界を見た結果

もう一度最初に戻って

同じことを何度も繰り返して

その中で知った全てのことを

世界全員を敵に回しながら

人類全員に突きつけるような声をしている

ONE OK ROCK - The Beginningへのコメント:

ワンオクはこの世界を

完全な別世界に変えてくれる

導いてくれる

そんな指導者となる青年の声をしている

三浦大知 / Blizzardへのコメント:

暗闇の陰を経験する精神の中に

太陽となる光の未来が宿り

この世界における永遠の宝を作り出すような

そんな声をしている

Aimer 『I beg you』へのコメント:

どんなに辛く苦しい世界になっても

みんなのことを愛してくれる声

自分の辛さを前面に出さないから

どんなに自分の方が辛くても

相手の辛さを気遣ってくれる

ごめん

Superfly「愛をこめて花束を」へのコメント:

死ぬ時に一緒にいたい人