最近の日記(ツイッター)に戻る

=2017-01-13=

医学的、人体的に当たり前のことを何か分かった。白血球のようなことだったように思う。
posted at 23:52:55

あとは、もう一つ何か分かったが、忘れた。だから、みんなにはそれを自力で分かってほしい。それが分かると、治る。細胞分子的なことを何か分かった。
posted at 23:51:59

そして、筋肉の問題が大きい。筋肉は、縮む部分はあるが、伸ばす部分がないから、伸ばすようにすれば良い。
posted at 23:51:32

神経がしびれているだけだから、知覚をやめれば良い。
posted at 23:50:56

癌のようになっているから、細胞が変わらないようにする。
posted at 23:50:38

地にヘドロのように膿がたまっているのは、治すのが速すぎるのが悪い。治すのを、もっとゆっくりにした方が良い。
posted at 23:50:25

ある意味、前後や左右も同じで、自分より前にあるものは前面しか描かないし、自分より左にあるものは、おそらく左面しか描かないだろう。僕は良く分かっていないので、右面と言った方が良いのか分からない。ただ、絵のアングルと遠近感と言う意味では、それくらいが遠近法だと思う。
posted at 23:03:46

申し訳ない。天井は描かない、ではなく、屋根は描かない、が正しい。天井は普通描く。だが、ヘリコプターから見た映像のようなものを描く時などで、屋根を描くことはあるかもしれない。屋根の上に居る人間を描く、なんていう場面も、マンガならあるだろう。
posted at 22:51:08

あとは、普通に地面に立っている限り、天から下を見ることは出来ないし、地面から上を見ることも出来ない。自分より下にあるものしか、ものの上面は描かない。自分より上にあるものしか、ものの下面は描かない。そして、天井は描かないし、机の底のようなものも描かない。これは本に書いてあった。
posted at 22:49:13

トランプが準備不足なのは、受け狙いの大統領だと言うこともあるが(本当は大統領になることを考えていない)、ある意味、最近の現実世界の風潮や、ネットの風潮もあると思う。きちんと努力して、準備をすることを知らない。受験生の方がはるかに賢い。だから、トランプは準備不足で失敗するだろう。
posted at 22:38:19

そうすると、絵は下から、一番近くにあるものから描いていくのが良いだろう。
posted at 22:35:57

トランプは、大統領と幹部で意見が違っているようでは、おかしいと思う。みんなをまとめられないように見える。ある意味、政治には答えと言うものが無いから、何らかの価値判断で統一する必要がある。朴槿恵が占い師の親友に意見を伺ったようになると、悲惨だ。
posted at 22:34:05

地面の上で生きている限り、一番下にあるものは、自分に一番近いものだと思う。そして、一番遠くにあるものは、上にあることが多い。ただ、僕は絵を描かずに言っている。間違っているかもしれない。特に、そんなに都合良くドミノのようにはならない。
posted at 22:33:10

絵は、あとは自分の立ち位置とアングルを考えながら、近くにあるものをどういう距離関係で認識しているか、と言うところを考える必要がある。自分と手を繋いだ女の子をどのように描くか、妄想していると分かる。
posted at 22:05:22

ある意味、食べ物を吸収し続け、自分の身体よりはるかにたくさんの身体を食べている生命が、何故そんなものを作ったのか。本質的に、核分裂や核融合でエネルギーを出す、恒星に良く似ている。ある意味、神が恒星をモデルにして、生命1つ1つを恒星のように創った、と言う可能性はなくはないと思った。
posted at 22:03:48

僕は、生物の「食べる」と言う働きは、核融合に近いのではないかと感じた。そのままで、細胞となるために、常に恒常的に消化・吸収し続ける、と言うところが、核融合に近いような気がする。逆に、細胞分裂は核分裂に近い。核融合をしている、太陽などの恒星が、何かの生命的理性を持っていないか?
posted at 22:02:28

点と点を結ぶ距離が遠くなれば、対象は小さくなる。近くなれば大きくなる。二つの点があって、それが直線になって、二本の長さのバランスが近ければ大きさもあまり変わらず、極端に長さが違えば、大きさも極端に変わってくる。物理学的に見るとそうなるが、僕はまだ良く分かっていない。
posted at 21:19:03

僕が思うに、絵を描くためには、ものを色々と回転させるのが良い。説明が難しいが、それぞれの図形の輪郭を点にして、自分とその点を繋げて、直線になるところは重ねて描き、広がっているところは大きく描けば良い。そうすると、人間のアングルを変えたラインのようなものが描ける。
posted at 21:05:11

逆に、文化を保護したり、相手の権利を尊重したりする、フランスやドイツの国民は、自分のことを大切にしている。それらが、賢い国だ。
posted at 21:03:49

自分が思うに、馬鹿は自分のことを大切にしない。馬鹿になれば、馬鹿になるほど、自分のことを大切にしなくなる。だから、自分のことを大切にしているかどうかで、賢さの度合いが分かる。タリバンの自爆テロをするイスラム教徒や、アメリカのデブは、自分のことを大切にしていない。
posted at 21:03:19

勝者は、勝つことが当たり前であったことも、自分が人々より特別優れていたわけではないことも、全部分かっている。決して、勝てない人間がまぐれで勝つことはない。
posted at 19:29:04

本当に勝つための方法を持っている人間に従いたいものだ。
posted at 19:27:17

アメリカ国内を分裂させていけば、アメリカに勝てるのかもしれない。
posted at 19:26:18

決して負けない覚悟を持てば、敵には負けても、自分の心には負けないだろう。
posted at 19:25:31

日本は、勝てる。勝てば良い。トランプは馬鹿だ。すでに、幹部がトランプと違うことを言っている。
posted at 19:19:24

だが、僕は、それ以上に、戦争や人殺しが嫌いなのだ。だから、ある意味で弱者や少数派をけなす、右翼のことは好きになれないのだ。そして、それは僕のせいではなく、みんなも同じだと思う。
posted at 19:06:55

おそらく、何故戦うのか、と言った理由の部分が大切だが、日本は、右翼とは言うが、アジア人として白人の帝国主義と戦ったのは、そんなにおかしくはないと思う。アンチ白人だ。だから、僕はアメリカは嫌いだ。イギリスやフランスやスペインやポルトガルも嫌いだ。
posted at 19:04:44

個人の意志を尊重せよ。ある意味、自分にとって悪いことであっても、非を認め、みんなのことを尊重して、出来る限りのことをせよ。だが、それは強制ではない。助言だ。
posted at 18:55:57

だから、戦うことは間違いではない。自分と同じ人間たちのために戦うのは、悪いことではない。
posted at 18:47:10

本当に強くなることとは、仲間のために頑張ること、自分と同じ人間たちのために戦うことだ。
posted at 18:46:21

戦いから逃げていればそれで良い時代は、終わったのかもしれない。
posted at 18:45:18

ただ、今の時代左翼が流行らないのは分かる。むしろ、右翼もすぐに終わる。今の時代なら、宗教が流行るだろう。神を信じれば救われる。
posted at 18:40:05

レーザーポインターで遠くからでも操作出来る入力装置を作るとどうだろうか?あるいは、タップでないスマホを作ると、助手席でツイッターが出来る。車内が揺れると、タップが出来ない。ガラケーのボタンなら入力出来る。
posted at 18:33:37

僕は、この世界の片隅に、を見て、本当に戦争を良いと思う人間が増えるのに、諦めを感じる。
posted at 18:24:41

ただ、僕が思うに、戦争中が良い世界なわけがない。シリアは最悪の廃墟だ。呉は軍港だから良い地域だったのだろう。ナチの収容所には、いたるところに死体が転がっていたと聞く。
posted at 18:20:02

戦争中、良い世界だったから、戦争が良いのではない。良い世界だったから、戦争が悪いのだ。戦争は、良い世界を消滅へと導く。一度始まったら、あとには何も残らない。
posted at 18:05:29

この世界の片隅に、のように、戦争中も普通の人間が生きていた、と言う発想は、悪くはない。そういう表現は分かる。ただ、戦争を経験した老人は、馬鹿な人間ではないが、老人本人が、戦争は絶対にしちゃいけないと伝える。ある意味、戦争は、高度で賢い平和な文明国家を、自ら消滅に導く。
posted at 18:03:49

最近は、戦争が悪いのが分からない人間が増えている。一度戦争になれば、みんな死んでいく。強制的に死んでいく世界だ。命を大切だと思わない。反抗も意見も出来ず、動物や機械のように死んでいく。それが分からない人間には、理想や平和は分からない。
posted at 17:55:41

小池百合子のようなオープン志向の人間が増えているのは、Windowsがあまりに悪いのがあると思う。
posted at 17:48:02

僕は、小池百合子に、日本を完全にぶっ壊してほしい。ただ、今の時代、変革より、成熟が必要だ。小池ルネサンスのようなことをして、日本を昔のような輝く国にしてほしい。
posted at 17:40:59

トランプは、大失敗だと思う。完全に別人になるはずだったのに、元に戻った。世間が完全に失望モードになっている。雇用と言っているのは、雇用ぐらいしか先が見えていない。アメリカはおかしな国になる。体制ではなく、雰囲気が最悪になるだろう。
posted at 17:38:42

あとは、ツイッターをホームページにコピーなんかしなくて良い。もう、出来るだけコピーしない。
posted at 17:10:31

僕は、政治は民主主義ではなく、世襲に戻した方が良いかもしれないと思う。トランプのような馬鹿がやるより、血筋で決めた方が良いように思う。それこそ、トランプ支持者は、遊んでいるだけだ。トランプの熱狂的な支持者は、「彼にしか分からない」と言うが、それは本当に発言を全て聞くとそうなる。
posted at 17:10:08

僕は、個人的に小池百合子を応援している。感じがオープンソースによく似ているし、一番辛いところを頑張っているのが、カッコいい。
posted at 17:08:52

それから、社会は、維持と変革のような、多様性のような「社会概念」のようなことを網羅していた。
posted at 17:08:08

昔は、最初と最後の終わりを書いて、人生のようなものを作っていた。
posted at 17:07:46

それで、昔は、事前の準備を全部して分かっていた。そういう風に経験し、会話し、基礎を見出し、そして法則を分かっていた。下準備が周到に出来ていた。
posted at 17:07:32

僕は、文章を書くのをやめると、死にたくなるのが分かった。だから、お別れは申し訳ないが撤回したい。まだまだ、文章を書くのはこれからだ。
posted at 17:06:59

それでは、これでもう終わりだ。
posted at 15:40:19

狂った人間は、やる・やらないではなく、やり方を変えれば良いのが分かっていない。そんなに真実を信じない必要は無い。それから、精神は、昔作った精神や知覚を消せば治る。そして、行動して、すぐ前を忘れれば楽になる。完全に忘れないせいで、すぐ前が生き続けると、それが一番辛い。
posted at 15:39:49

昔は、下準備的な可能性の知性を書いていた。植物は植えれば育つとか、最低限の工業と農業をすれば国は作れるとか、社会を想定するとか、システムをみんなで決めるとか、社長を生みやすくするとか、そういうことを言う。それだけをいつも言っていた。
posted at 15:38:41

全ては、下準備だ。下準備をきちんとすれば、何でも出来る。
posted at 15:37:41

本当にお別れする前に、あと二三、分かったことがある。それを書かせてほしい。
posted at 15:37:21