最近の日記(ツイッター)に戻る

=2016-12-22=

沖縄の問題は、民主主義的でないことだ。みんなが悪いと言っているのに、それを聞かない政府はおかしい。ある意味、「本当にあらゆる検討をして、それでも沖縄しか選択肢がない」なら分かるが、きちんと検討も議論もしていない。頭に来るのを通り越して、完全な失望に変わってしまう。
posted at 22:53:54

あとは、自由で理性を分かっていた。方法、原理、分析、情熱、愛を分かっていた。
posted at 22:45:38

オスプレイは、技術的におかしい。飛行機なのか、ヘリコプターなのか、分からない。
posted at 22:44:40

あとは、みんなを守っているだけだ。それを変えなければ良い。
posted at 22:26:53

僕の言う治すとは、動かないレバーをむりやり動かすようなものだ。そもそも、動かすのをやめれば良い。
posted at 22:19:44

精神は、何も出来なくなると治る。
posted at 22:17:05

本当におかしな文章を作った。汚染された精神のようだった。
posted at 22:14:37

あとは、実感と客観的理性で人生のことを分かっていた。自分の分かること全部を予想した。場を信じて、いつか戻りたかった。
posted at 22:08:28

ヨーロッパの白人は、悪いのを優れていると思っている。白人は、優れているとは言うが、悪いだけた。
posted at 22:05:14

永遠に一番頑張っていると治る。出来なくなるまてやれば良い。それを自由にすると楽だ。
posted at 21:48:44

心は、ある意味、同じように動くが、そこにも因果性はある。それは、環境と秩序であり、作り変えることが出来る。
posted at 21:01:15

他人任せで良いわけではないが、他人を信頼しないのは、自分を信頼出来ていないからだ。相手は、あなたが思うように行動しないが、思った以上に、あなたが見る他人と、他人が見るあなたは、同じだ。
posted at 21:00:10

人間の本質とは、作り出すこと、反応すること、建設的に考えること、自由になることだ。
posted at 20:58:35

社会とは経験だ。だが、それは任せるべきだと言うわけではなく、誰もが変えられることが出来ると言うことなのだ。それは、自分も、他人もだ。
posted at 20:57:29

そして、全ては経験であり、経験だと考えるべきなのだ。個人個人の違いは、全て経験だ。
posted at 20:56:15

自由とは、それが変えられる状態にある、と言うことだ。そして、それが無条件に誰にでも開かれて、受け入れられていなければならない。
posted at 20:55:01

日本人は、トランプも普通に受け止める。ある意味、日本の極右よりは、マシだ。三島由紀夫とか、もっと悪い右翼が多い。
posted at 20:52:09

いつも、そういう文章を書いていた。本当に、悪い方が書ける。
posted at 20:50:53

体験とは、自分が何で居られるか、と言うことへの証明である。
posted at 20:50:20

人間は、創造性、多様性、現実の中での、善悪と構築手段の、プロセスと因果性であり、その支配と関わり合いである。
posted at 20:49:31

人間は、悪い方が良い文章が書ける。
posted at 20:47:55

狂った人間の問題は、自分だけが良くなって、楽に悪いことをするのが怖い。人間は、いじめるのが知性なところがある。悪いことしか出来ないのが人間だ。
posted at 20:40:31

こういう人間は、楽に悪いことをすれば楽になるのが分かっていない。支配者はそれで良い。
posted at 20:34:57

多重人格になりたいなら、同時に二人が生きれば良い。それが出来ないと、辛い。
posted at 20:24:58

治るのは怖くない。いつも怖かったせいで、治るのが怖くなっている。
posted at 20:23:53

辛い時は、気をそらすこと。そんなに集中しないで、気をそらすことで、見えていないことか見えるし、視野が高まる。賢い人間は、気をそらすのが上手い。
posted at 20:11:17

自分は、もっと悪い方が実現出来るのが分かっていない。賢いレーニンは、将来的なビジョンや危機感かある。昔は、自分もそういう人間だった。パソコンなんか、一番適当に、作るだけ作れば良い。パッチを送るのは簡単だ。
posted at 19:41:32

賢い人間は、最後まで相手との関係を大切にする。相手より上に立とうとしない。それは、それで、学校の勉強が理解出来なくなる。学校は、自由で、左翼を嫌う。
posted at 19:28:48

いつでも離れられる友達は、友達ではない。依存しないことは良いことかもしれないが、友達との関係に問題がある人間は、自由で、束縛されることが嫌いな人間が多い。可能性を尊重すると、賢くはなれるし、色んな存在になれる潜在性はあるだろう。そういう人間は、醜い。
posted at 19:27:24

本当に愛するなら、自分の自由を放棄して、死ぬまで相手と付き合うような、そういう覚悟をしなさい。ある意味、可能性は失われるが、可能性を犠牲にしても、誇りや見えない大切なものを手に入れることが出来る。
posted at 19:25:01

昔から、自分は、相手を肯定することと、相手を自由にすることが一緒になっているが、愛とは不自由なものだ。自由には、愛がない。
posted at 19:23:15

協力をするのであっても、相手の自由と平等な権利を尊重し、決して強制しないこと。やっていることは、きちんと説明し、情報公開すること。
posted at 19:20:15

それに、戦うのも悪い。戦うのは自由だが、それで相手の自由を奪わないこと。相手を支配しない戦い方をすべきだ。
posted at 19:18:30

だから、他人の上に立ってはならないのだ。
posted at 19:17:34

他人の自由を奪わない範囲で自由にする、それが平等な正しい自由だ。
posted at 19:16:54

僕としては、むしろ、自由にしたい。自分のやりたいことをやれるようにしたいが、それは、人の自由を奪うべきではないと思う。
posted at 19:15:58

ナチは悪いが、殺人思想を否定したいだけだ。だから、ナチを否定すると、ナチと同じになる。それが一番悪い人間になる。
posted at 19:14:40

肯定することは、難しい。ナチを肯定するのも、難しいだろう。それと同じだ。良い人間は、他人を否定するあまり、自分が悪人になっているのが分からない人間が多い。善人には、そういう人間が多い。ナチを肯定するわけではない。
posted at 19:12:04

色んな肯定と否定をしなさい。簡単に出来なくても、否定せず、肯定しなさい。周りを楽にするより、辛くした方が、周りは楽になる。
posted at 19:05:06

全ては、場の変化の集積とそれぞれの行動の共有地点での共有だと考えていた。
posted at 16:08:46

歴史とは、場を変えることだった。
posted at 16:08:27

世界を変えるために考えながら、集団と個人の心理学を考えていた。
posted at 16:08:20

僕が思うに、オープンソースのバグやセキュリティ関係の報告は、発覚したら1つの独立したプロジェクトがRSSのような形でパッチとセキュリティ情報を出して、それぞれのディストリビュータは自動でそのパッチを修正して、自動化されたセキュリティ情報更新システムのようなものを動かせば良い。
posted at 16:07:34

みんなは、辛くなったり楽になったりすれば、楽になる。
posted at 16:06:19

歴史を理性的かつ実存的に考えなさい。この世の全てを疑いながら、信じて理性的に考えなさい。歴史とは何であるかは、理性批判から見えてくる。
posted at 15:58:06

ある意味、この世界は本当に不思議な世界だ。
posted at 15:47:45

世界が何のためにあるか、と言う問いは、無駄ではない。神のためではないだろうが、自然科学が本当に正しいわけでもない。神ではない、何かのためである可能性はある。魂のようなものがあって、それが宇宙を作り出している、とも考えられる。
posted at 15:47:05

空間的な位置の変化のようなものを、観測出来る。
posted at 15:43:05

作るための設計だけではなく、どんなことに使えるか、とか、色んな応用的な視点がある。
posted at 15:42:49

この世界には、色んな場所がある。
posted at 15:42:29

子供のように考えると賢く分かる。大学や高校で教わった内容ではなく、もっと、純粋に、子供のように考えると、この世界のことが分かる。
posted at 15:42:17

NOVAに行ってきた。
posted at 15:41:45