哲学に戻る

ウィトゲンシュタイン

言語哲学と明晰な構造

ウィトゲンシュタインは、独自の言語哲学と明晰な構造の文章によって、事実や像など、まるでこの世界を冷静かつ冷徹にただ見つめるような、そういう哲学を作った。

語りえない場合は沈黙するべきである

ウィトゲンシュタインは、語りえない場合は、沈黙するしかないと考える。

言語・世界の限界

ウィトゲンシュタインは、自己とは「言語の限界」であり、存在とは「世界の限界」であると考える。

問題の共有

ウィトゲンシュタインは、哲学の解明とは問題を解決することや真実を発見することではなく、その人の問題を明確化し、「問題を共有すること」であると考えた。