哲学に戻る

スピノザ

オランダの哲学者。

スピノザ

スピノザ。

神の定理

スピノザは、この世界の全てが神自身であると言う独自の汎神論を唱え、数学的定理として、神の属性と理論を全て書きました。

スピノザは、独自の神のあり方の下で、全てを数学的方法(定理と証明)で説明しました。デカルトの影響を受けているため、近代合理論に分類されます。

受動感情のコントロール

スピノザは、受動感情をコントロールすることを唱えました。

自然に目的や意志はない

スピノザは、自然に目的や意志はないと考えました。

ユダヤ人コミュニティからの追放

スピノザはもともとはオランダ人のユダヤ人でしたが、その思想からユダヤ人コミュニティの中で排除され、不幸な人生を生きました。

著作

「エチカ」、など。