哲学に戻る

サルトル

自由の刑

サルトルは自由を悪いものであると考え、自由と言うものを「刑罰」だと考えた。

即自存在と対自存在

サルトルは、人間や動物のような自己を持っている存在を「対自存在」とし、植物やもののようなそれ自体が存在であるものを「即自存在」であると考えた。

人生とは創造である

サルトルは、人間の人生とは創造であり、可能性を創造していくことだと考えた。

マルクス主義

サルトルは、ソ連のようなマルクス主義に傾倒した。