哲学に戻る

ニーチェ

キリスト教批判

ニーチェは、キリスト教を批判し、キリスト教を「天国を価値あるものとするせいで、この世界を無価値なものだと見なしている、弱者の幻想」であると考えた。

権力への意志と解釈

ニーチェは、この世界の全てを、それぞれがそれぞれの「権力への意志」によって「解釈しているだけだ」と考えた。

超人思想

また、ニーチェは神に代わる考え方として、「超人」を導入した。