哲学に戻る

キルケゴール

実存の段階

キルケゴールは、人間の人生を「美的実存の段階」、「倫理的実存の段階」、「宗教的実存の段階」と言う三段階の段階にした。

絶望と可能性

キルケゴールは、絶望とは何なのかを考え、真理は絶望から生まれ、可能性が絶望を救うと考えた。