哲学に戻る

フッサール

現象学の哲学者。

フッサール

フッサール。

意識の現象学

フッサールは、この世界の全てを独自の「現象学」と言う考え方で考える。そこでは、全ては意識の現象である。

フッサールは、さまざまな「思い込み」を排するところから現象学を開始する。

厳密な科学

フッサールは、この世界を数学のような「厳密な科学」によって、捉えることで考える。

著作

「現象学の理念」、「イデーン」、など。