哲学に戻る

ヒューム

ヒューム

ヒューム。

複合概念

ヒュームは、人間の持っている認識を印象と観念にし、それを単純なものと複合なものとし、たとえば天使が赤ん坊と鳥からなっているように、複合観念は本質的に「ペテン」であると考えた。

帰納的推論

ヒュームは、ベーコンのように帰納的に考えることから、因果性を推論で考えられると考えた。帰納的推論である。

正しい見つめ方

ヒュームは、ものごとが関わり合う中で、ものごとを正しく見つめる眼のようなものを持っている。

ヒュームには、絶対的真理を相対的に見つける、「眼力」のようなものがある。

著作

「人性論」、など。