哲学に戻る

フーコー

知は権力である

フーコーは、知を権力だと考えた。また、人間の持っている規範や規則は、訓練であり、それは政府や権力による訓練だ、と言うところから、哲学を考えた。

狂気の哲学

フーコーは、狂った人間から哲学を考える。

著作

「言葉と物」、など。