哲学に戻る

ベーコン

ベーコン

ベーコン。

帰納法

ベーコンは、数学的な理性で考える「演繹法」に対して、経験的にそれが何なのかを知っていく、と言う「帰納法」を唱えました。

イドラ

ベーコンは、人間の持っている思い込みを4つのイドラに分け、種族のイドラ(人間の種としてのイドラ)、洞窟のイドラ(経験固有のイドラ)、市場のイドラ(伝聞によるイドラ)、劇場のイドラ(権威によるイドラ)としました。