哲学に戻る

アウグスティヌス

中世ヨーロッパの神学者・哲学者。

悪の起源

アウグスティヌスは、悪の起源を考える。悪とは、善の欠如であると考えた。

新プラトン主義

アウグスティヌスは新プラトン主義の考え方を取り入れ、光と闇の二元論を「闇とは光の欠如である」と考えた。

著作

「告白」、など。