ホームページに戻る

スティーブの小説

Assy著

=メインの章=

スティーブ

20歳

技術者の家庭に生まれる

もって生まれた勝気が特徴

言論術が得意

自虐的だが温厚な正確を持つ

アメリカ人

シュバルツ

20歳

哲学者の家庭に生まれる

いつも何か考えては書いている

本当は医者になりたい

脳科学を研究している

ドイツ人

シェーラ

20歳

猫が大好き

教育者の家庭に生まれる

聖職者になりたい

キリスト教徒だがユダヤ人が好き

ドイツ人

アブラハム

20歳

恐怖といつも戦っている

生まれつきのパーキンソン病

いつか世界を変えたい

ナチスが大嫌い

アラビア人

彼らはインターネットで話を始めた

スティーブ「何だ。アメリカ人は僕一人か」

シュバルツ「ここに呼ばれて光栄だ。まず僕の出生を話そう。僕は生物学が好きだ。学校では数学と理科が得意だった。最近は医学と哲学を同時にやっているが、経済学も好きだ。僕のアンテナに入ったものは・・・」

スティーブ「何だお前。うざい」

シュバルツ「何だと。アメリカ人は全員嫌いだ」

シェーラ「あなたの方が悪い」

シュバルツ「別に関係ないね。」

シェーラ「あなたは何で出生を話そうと思ったの?特に必要無いでしょ」

シュバルツ「最初に自己紹介をするのは当然だ」

スティーブ「どうでも良い話を延々とするな。それよりスターウォーズが好きな人は?」

スティーブ「居ない?」

シュバルツ「アメリカ人は幼稚だ」

シェーラ「私は映画は好きじゃない」

スティーブ「じゃあ音楽は?」

シュバルツ「バッハ」

スティーブ「僕はロックだ」

シェーラ「バッハとモーツァルトね」

アブラハム「僕はフォークソングが好きだな」

シェーラ「誰?」

スティーブ「誰?」

シュバルツ「だから自己紹介が必要なんだ」

アブラハム「僕はアブラハムと言う。英語には慣れていない。たまに話すけど、実際に会って話がしたいな」

シェーラ「私も実際に会いたい」

シュバルツ「良いだろう」

スティーブ「どこにするの?」

彼らは話し合って、7日後にロンドンで会いたいという事になったが、金が無いので、とりあえずシュバルツとシェーラがドイツで会う事になった。

シュバルツ「手紙のやりとりにしたらどうだろう」

シェーラ「それがいいわ」

これがシュバルツの手紙だ

"僕はあのシュバルツだ。とにかく、君(スティーブ)が会いたい会いたいと言うので、君に送る。シェーラとはもう会った。しかしながら、アブラハムが遠すぎる。君は金があるみたいだから、何とかやってくれ"

スティーブから3日後に手紙が帰ってきた

"もう全て手配した。君の住所が分かったから、アブラハムを連れて、君の家に行くよ"

なんと、その2日後に、シュバルツの元にアブラハムとスティーブがやってきた。

「恐ろしい。何と言う奴だ。」

アブラハムが言った。

「僕は何でも病気を治せる。パーキンソン病さえも治し方が分かってきた。とにかく、最後までやりきって、分かりたくない事さえも知覚すれば良いんだ。」

シュバルツが言った。

「それはすごい。最後までやりきると言うのはどういうことなんだ?」

アブラハムが言った

「何と言うか、恐怖や不安に耐えながらになってしまったけど、とにかく、とにかく、もう分からなくなってしまった事を、ひとつひとつ知覚していくんだ。そして、どんどん頭や神経が動いていくんだけど・・・」

シュバルツ

「それじゃ分からない。何で分からなくなったんだ?」

アブラハム

「分かっているんだけど、沢山の事をやってしまったために、脳が整理が出来なくなってしまった事を・・・」

シュバルツ

「分かっている事とは何だ?沢山の事とは?」

アブラハム

「僕は昔は自由な人間で、沢山の事を経験と思考で分かっていたんだ。でも、全く新たに、経験した事の無い、思考文章というか、逆理解というか、難しい内容の今までやった事のない記録を始めてしまったから、昔分かっていた事が思い出せなくなって、しかも、変化が止まってしまった上に、文章で変化するようになってしまったから・・・」

シュバルツ

「ダメだ。僕には分からない」

スティーブ

「僕には結構分かった。要は、死にたいけど死にたくないんだ」

アブラハム

「素晴らしい。あなたは神のようだ」

スティーブ

「ごめん。内容はさっぱりだけど、可哀相としか言えない」

シュバルツ

「僕が考えるよ」

シュバルツ

「難しい事を考えないようにしたら?」

アブラハム

「難しい。頭が制御不可能になるんだ」

シュバルツ

「それじゃあ、我慢するしか無い」

アブラハム

「それには耐えられなかった」

彼らは、そうした話をして、また1ヶ月後に会う事にした。1ヶ月後、シュバルツの元にアブラハムから手紙が送られてきた。

"親愛なる僕のお医者様へ。僕は治った。また1からやり直す事になったけど、まるで生まれ変わったみたいに健康で、僕はもう中身は無いけど、でも毎日が楽しくなった。

スティーブによろしく"

シュバルツは返事を書いた。

"良かった。僕にもなんとなく分かる。君は神のご加護を受けたんだ。生まれ変わりを体験したんだよ"

アブラハムは返事に感動はしたが、自分なりの理解をした。

ホームページに戻る