ホームページに戻る | サブページ版小説・詩集に戻る

レオンの小説

Assy著

2011.05.12執筆。

=メインの章=

レオンは何もかもつまらない。中学校に行きたくない。

つまらないほど馬鹿しか居ない。

日本もアメリカも自由もパソコンも全部嫌いだ。

ゲームや漫画も嫌いだから終わっている。

日本はインターネットばかりの世の中になった。

そういうところが意味が無い。

◇◇

ディアスという青年が居た。

大学生で、やることが無い。

大学は簡単だった。

いろんな事を考えるから、読んでもすぐに分かる。

◇◇

そのうち、レオンとディアスは、

ディアスの兄がレオンの中学校の先生だったことから、

適当に知り合った。

レオンは研究の能力がある。

学習心が旺盛で、何でも試すことが好きだ。

ディアスの言うことは難しい内容が多いが、

探究心のあるレオンにとってみれば、

面白い先生で、すぐに親友になった。

◇◇

レオンはいつしか、学校よりもディアスや大学生と話すことの方が面白くなった。

メールアドレスを交換して、メールで話しているうちに、どんどん友達が増えていった。

◇◇

そのうち、レオンは国に対して何かがしたくなる。

自由な国も、平等な国も、支配する国も、それぞれ何かが良いはずだと思うようになった。

でも、独裁者や、悪い人間、悪い国、悪い社会、悪い制度、悪い環境は嫌いだった。

どんなことをすれば良いのかを考えているうち、いつしか、ヨーロッパの国に行ってみたくなった。

◇◇

アメリカに行きたい、とディアスにメールすると、

ディアスの返事では、あんな国は駄目だ、という返事が返る。

ディアスは政治のことは分からないが、外国はどこも嫌いだ。

みんなをアメリカにしているアメリカを悪いとディアスが言うと、

レオンは、自由で他民族国家であるにも関わらず、

世界のことに対してきちんと何かをするアメリカは賢い、と思った。

◇◇

そのうち、今度は料理をやりだしたり、ピアノを弾きたいとか、

果ては猫を飼いたい、それからコンパイラを作りたいだとか、恋人が欲しいとか、

南太平洋に行きたいとか、ありもしないことをいくらでも言うレオンが、

ディアスは鬱陶しくなった。

◇◇

レオンはそのうち、ディアスとは縁が遠くなる。

メールの知り合いの中で、外国人が居た。

フランス人のクロード。

きちんと日本語が出来る。

日本語でレオンが、「どんな国ですか」と言うと、クロードが答える。

「町並みは綺麗だけど、それくらいかな。あるようで何も無い、古い国だよ。」

クロードはさらに書いた。

「君には、フランスは悪い。アメリカやイタリアも悪い。

ドイツやスイスに行くと、君みたいな、保守派の賢い人が多いと思う。

僕はそんなにどの国も知らないけど」

レオンは、この外国人が怖くて、あまりメールはしない。

そのうち、自分からインターネットで、英語で外国のサイトを見るようになった。

でも、ニュースサイトぐらいしか分からないし、英語の能力は何も無いから、

アメリカのニューヨークタイムズを見ても、何にも分からなかった。

◇◇

そのうち、レオンは中学校を卒業すると、

高校で、すぐに一人の女の子に恋をした。

レナと言う。いつも、目が綺麗で、いてもたってもいられなくなって、

学校の勉強がさらにつまらなくなったが、きちんと告白した。

レナは、驚かなかった。すぐにメールで返事をした。

こういう内容だった。

「あなたは素直で、心が綺麗な人だから、

友達からなら、つきあっても良い。

私は何にも無い女だけど、気が強いから、

あなたみたいな純粋な男の子と、うまくいくか分からないなあ」

そういうわけで、自然に何ヶ月か経つと、

二人は毎日のようにメールをして、それなりの普通のカップルに進歩した。

◇◇

レオンには、いつか日本を良い国にしたい、

それから、外国を見て回りたい、という探究心みたいなものがあった。

でも、あまり不用意に何かを変えたくなかった。

「継続が大切だ」、それだけを分かっていた。

◇◇

レナとは何年も上手く行っていた。

レオンはそこまで純朴ではなく、色々と勇気や自尊心が強いところもあった。

レナとの恋愛は、高校を卒業して、工業大学へとレオンが入学するところまで続いた。

レナは、大学や専門学校へは行かず、仕事をするつもりだったが、

そこで、レオンが言った。

「僕と君とは、きっと一生うまくいく。結婚して欲しい」

レナは、嬉しかったが、レオンにこう言った。

「その言葉は最高だけど、それなら、生活を考えましょう。

結婚は、あなたの仕事が何かに決まってからね」

レオンは、工業大学なら、どこかの技術系の会社に入れるはずだと考えていた。

恋愛はその後も順調に続き、レオンは、東芝の設計者になって、レナと結婚した。

◇◇

結婚式で、最高の栄光を掴んだ2人にとって、怖いものは無かった。

金も入るようになって、2人は、念願の海外旅行である、ラスベガスに行った。

何も怖くない。世界中に行きたい。

でも、結婚してしまうと、子供の教育や、生活の安定も考えなきゃいけない。

◇◇

アメリカ、ヨーロッパ、中国、どこも行きたいのだが、

いつまで経っても、東芝の仕事に追われる。

レオンは楽観的に考えていた。いつか時間が出来る。

出世もして、いつか何かの職業につけるはずだ。

生活は楽になった。子供もきちんと出来て育つだろう。

◇◇

そのうち、レナが言うようになった。

「あなたは、きっといつか国際的な頭の良い人間になって、

大きなことをするようになる、いや、すべきだと思うわ。

何か、政治塾にでも入ったらどうかしら」

レオンには、そんなことをする余裕は無い、ようで、結構あった。

政治塾とは言わないが、本を買うことが多い。

読んだ本は3分の1ぐらいで、適当に積み重なった。

◇◇

そのうち、子供が出来た。女の子で、オペラという。

その子供を守ることが第一だ。

レオンは、子供を英会話学校とピアノの教室に入れた。

そのうち、自分でも英語を頑張るようになった。

英語を聞いていると、何故か頭が楽に治る。

◇◇

オペラの英語はあまり出来なかったが、

レオンは英語を自分で書くことぐらいは出来るようになった。

アメリカ人の言っている英語も、結構色々良く分かる。

インターネットで英語の新聞を拾い読みしたりしていると、

アメリカが結構賢いのが良く分かる。

それくらいで、レオンの人生は終わった。

ホームページに戻る