ホームページに戻る | サブページ版小説・詩集に戻る

小説「ジョナサンとポールと夢の世界」

Assy著

=メインの章=

ジョナサンは、料理人の38歳。フレンチを専門にしているが、アバウトな料理を作ることが多い。得意料理は、オーソドックスな子牛のソテー。

ポールは、数学者の43歳。量子物理を専門としているが、特に、時間と空間については右に出るものが居ない。

2人は、昔からの幼馴染で、親友だ。あるとき、料理をレストランで食べて、街を歩いていた。

そこで、何かの天使が現れる。2人とも、いきなり意識が消えて、変な機械の密室の中で、水晶玉がある部屋に送られた。

「なんだ?こりゃ。」ジョナサンは起きていたが、ポールは気絶したままだ。

「おい、ポール、起きろ!君が居ないと、僕は臆病だから、こんな状態には対応できない」

すると、ポールが起きると同時に、天使ガブリエルが現れた。

ガブリエルが言った。

「私は、大天使ガブリエルだ。

君たちは、地球の中で、一番優れた頭を持つ2人だ。

地球の代表と思えば良い。

この機械の部屋では、好きなことを水晶玉を持って、願うだけで

色んな夢が見られる。

君たちは、夢の中で色んな体験をする。

それが、私たち、天界の色んな人間のためになる。

話はそれだけだ。

どんな夢を見たい?」

ポールが言った。

「私は、時間旅行をしたい。」

ジョナサンが言った。

「私も、時間旅行だ。ついでに、世界旅行もしたい。」

ガブリエルが言った。

「それならば、水晶玉を持って、そう願いなさい。

時代は、勝手にころころと変わる。安全だが、その時代に干渉は出来ない。

自分たちは透明人間のように、色んなところを通過できる。

過去は上書きできないから、しばらくの間、

世界の全てを見て回ると良い。」

◇◇

まず、アフリカの人類の夢になった。

最初の原始人が、火を使って、けものを倒している。

人間には毛がないから、あまり燃えない。

獣は、火をあてるだけで倒せる。

肉を食べながら、歌を歌って踊っている。

のんきなものだ。

◇◇

次に、ナポレオンが、まだ皇帝になっていないころの

フランス革命期の夢。

自由と啓蒙主義とは言うが、民族主義とただの自由だ。

みな、賢い。何故か、フランス人は強かったのが良く分かる。

ナポレオンを見ると、まだ青年だ。

色んなことを覚えているが、賢くない。

ただ、自分が支配したいだけな人間と

支配者が嫌いなだけの人間が多い。

◇◇

最後に、世界の滅びの夢を見た。

何も無い、死に絶えた世界で、いくらかの人間が、家畜を飼って暮らしている。

機械は、ふたつだけ。何でも出来るロボットと、スーパーコンピュータがある。

賢い人間は居ない。馬鹿になって、賢くなっている。

永遠に全て分かる人間が多い。

◇◇

2人は、気がついた。

「驚いたなあ。この水晶玉は、何でも出来る。見たいものが見える。

それなら、宇宙旅行がしたい。」

ポールが言った。次に、ジョナサンが言った。

「私もだ。むしろ、宇宙の始まりが見たい。」

そこで、水晶玉に願うと、宇宙の始まりが見えた。

何故か、次元が今より多い。

3次元の宇宙ではなく、さらに知覚のあるものしか分からない、

5次元の宇宙になった。

5次元の宇宙を見るためには、専用のスコープをつけて見なければならない。

そのスコープをつけた宇宙は、美しいどころか、

見えるものが違う。

「なんだ。これが宇宙?驚いた。やけにカラフルで、空間が色んなものに変わる。」

ポールが言った。次に、ジョナサンが言った。

「見ろ!宇宙が宇宙を開始する。

宇宙には、そういう風に、何かが始まって何かが終わって、それが次元になる。

それぞれの「状態」に、精神がある。」

そこで、この夢は一度終わる。その後に、今の宇宙が見える。

「何だ。今の宇宙は、普通の宇宙だ。

惑星は、地球と比べると、あまりに大きなものが多い。

でも、美しい。」

ポールが言った。

そこで、この夢は終わった。

◇◇

何もしないのもつまらない。

2人は、何か冒険がしたい、ということになった。

ガブリエルが現れ、水晶玉にそういう機能がある、

ということを教わった。

ジョナサンが言った。

「この水晶玉には、誰か人間になれる機能がある。

ピョートル大帝をそのまま実行して、サンクトペテルブルグを作る、

ということも出来る。

ピョートル大帝を全部は体験できない。

ダイジェストを体験する。」

そうすると、なりたい人間は、と聞かれた。

ポールが言った。「アインシュタインだ。」

ジョナサンが言った。「僕は、誰でも良い。アインシュタインの関係の誰かが良いんじゃないか?」

そうすると、2人は、友達を体験することになった。

「アインシュタインは、やけに普通のユダヤ人だった。

色んなことをしているが、悪いことはしていない。

きちんと数学の論文を読んでいたときに、色んなものをひらめく人間だ。」

ポールが言った。

ジョナサンは、友達の物理学者になった。

「アインシュタインは、人の良い青年のごろが、一番賢かった。

僕の方は、何も出来ない、ただのアルバイトの科学者になってしまったよ。」

◇◇

ガブリエルが現れた。

「君たち2人より、もう一人、女の子が居たほうが良い。

女の子が居ると違う。色んなことを教える、女神を、天界から1人、その部屋に送ろう。

名前は、ラファエルという。女神のような美しい天使だ。

もう一人、天使が居る。ミカエルというが、夢の世界で、迷子になっている。

まずは、ラファエルと一緒に、その天使の救出にあたって欲しい。」

そういうわけで、ラファエルが現れた。

「さあ、いきましょう。

ミカエルは、海で遊んでいたときに、沖に流されて、どこかで迷っています。

見ると、浮き輪のまま流れてしまった、子供のミカエルが居ます。

救命胴衣を着て、ボートで助けます。」

ジョナサンが言った。

「天使だって、迷子になるのかい?」

ラファエルが言った。

「天使は、普通、死んだ人間がなります。

ミカエルは、子供の天使なので、何も分かっていません。

いつもおかしなことをします。助けても、すぐにまたどこかに行ってしまうのです。」

ポールが言った。

「それじゃあ、大変だ。

僕らがいつも居なければ、すぐに死んでしまう。」

ラファエルが言った。

「天使は、死ぬことはありません。」

ポールが言った。

「そうかい。それは驚いたな。

君やミカエルは、現実世界では、すでに死んでいて、

天界では、永遠の命を持っているというわけか。」

ラファエルが言った。

「その通りです。」

そのうち、ミカエルが見えた。ラファエルがこらしめるが、

言うことを聞く気配は無い。

ジョナサンが言った。「君たちは、年をとるのかい?」

ラファエルが言った。「死んだ年齢が若い人は、25歳くらいまで成長します。」

ミカエルは、すぐに泣き喚くようになった。

ただの子供だ。それで、このミカエル救出作戦は終わった。

◇◇

そのうち、ポールは部屋の機械を見ていて気がついた。

「これはすごい。とてつもなく速いCPUを使って動いている。

これは、現在のパソコンの50倍は速い。

あ、こちらの方はもっとすごい。

オブジェクト指向やLispの機能を、ハードウェアで実現して

簡単なカプセル化によって、アプリケーションを追加しやすくしている。

あ、こちらの方はさらにすごい。

機械工学と密接に結びついて、

現在の洗濯機やキッチンの機能などを

人工知能と応用力学によって

全自動で行える。

これを使えば、日本中の家庭を自動化できる。

アプリケーションを追加して実行できるようにすれば

キッチンを全自動で、レシピをインストールして

操作できるようになりそうだ。」

ジョナサンが言った。

「それは、凄いのか?」

ラファエルが言った。

「それは、良さそうです。

この夢の世界で、ひとつの家庭を実現してみましょう」

実行すると、その家庭では、

ネットワークからレシピをダウンロードして

電子レンジのように簡単に料理が作れるようになった。

適度にジョナサンがレシピを作ると、

すぐにロボットがそれを調理する。

ジョナサンは言った。

「このシステムはすばらしいが、

ロボットが駄目だ。

適度な加減を、うまく認知しない。

人間の方が上だ。」

◇◇

今度は、ミカエルと話した。

ミカエルが言った。

「料理をする時のポイントは何ですか」

ジョナサンが言った。

「素材と味つけ、焼き加減とソースだな」

ホームページに戻る