医学に戻る

11.生殖器

受精

射精の流れ:

1.曲精細管(精巣)で精子が誕生。

2.精巣網で精子が集合。

3.精巣上体管(6mある)で精子が成熟。

4.精嚢と前立腺で特殊な液を足して精液に。

5.射精(一回で二億匹も出る)。

精子の作り方:

1.元になる細胞である精原細胞(2n:DNAが2セット)を用意。

2.DNAをコピーしたり分裂を繰り返したりして・・・

3.精子(1n)4匹が誕生。1日5千万匹、1生で1兆匹。この時、DNAは1セット(1n)。

われらの細胞は、父母から1セットのDNAをもらって、合わせて2セットのDNA(2n)が入っている。

普通の細胞のDNAは2セット(2n)なので、受精して合体したとき2セットになるように、精子も卵子も1セット(1n)にDNAを減らす。これを減数分裂と言う。

精子は、大切なDNAと足をつけただけのシンプルな生き物。だから大量生産が出来て、2億匹のどれかが卵に届く。

卵子の作り方:

1.元になる卵原細胞を用意。

2.DNAをコピーしたり分裂を繰り返したりして・・・

3.1個の成長に力を注いで残り3個は退化して死ぬ。(じっくりと丁寧に数量限定生産。)

精子はDNAしか持っていないので、卵は受精した後に必要なものを全て準備する。だから、卵子は精子と同じように4個出来るが、1個に力を注いで残り3個は退化する。

出産

受精の流れ:

1.排卵。月1。

2.受精。卵管膨大部で精子と合体。

3.卵管を移動。

4.着床。

受精卵の成長:

1.細胞分裂しつつ、外胚葉(皮膚や神経)、中胚葉(骨と筋肉)、内胚葉(内臓全部)に分化。

2.1か月でオタマジャクシ。

3.3か月で赤ちゃん。

4.約10か月で出産。

出産までの母体:

1.妊娠中:エストロゲン、プロゲステロンが出て、乳腺が発達。

2.出産まじか:副腎皮質(副腎がDHEASを出す)刺激ホルモン

3.出産開始:エストロゲン、プロゲステロンはもう出さない。12時間の陣痛と3時間の出産。母乳が出る代わり、半年は月経・排卵が無い。

ホルモン

エストロゲン:胸が大きくなるなど、女性らしい体型になる。

リラキシン:受精した時に出る。子宮をリラックスさせ、大きく広がるようにする。