医学に戻る

10.泌尿器

腎臓

血液中のいらないものだけを取り出して尿にする。

1.血液からネフロンでいらないもの(老廃物)を集めてそれを尿にして出す。

2.血圧が低いと、抗利尿により、水分を尿のもとから再吸収し、血管に戻すことで、血圧を上げる。

3.造血の応援をするエリスロポエチンを出す。

4.pHを調節する。pH7.4ぐらいに保たないと死ぬ。7.8以下がアルカローシス(アルカリ性)、6.8以上がアシドーシス(酸性)。

腎臓で血液を綺麗にする仕組み:

1.血液が腎臓に来る。

2.同じところをぐるぐるすることで、粒を全部出す(通り抜ける)。

3.糸球体嚢で出てきた(通り抜けてきた)ものを回収。

4.必要なものは返す。

5.いらないものだけを集めて尿にする。

尿を出す仕組み:

1.腎臓でろ過。

2.膀胱で貯水。

3.たまったら排尿。