最近の日記(はてなブログ2)に戻る

=2017-05-11=

ツイッター

あとは、この宇宙の世界史を創っていた。神のように人間の全てを創造し、この場を自分の独壇場のコンサートホールにした。初音ミクのようなアイドル歌手だった。
posted at 20:01:23

また、行政や社会のことは、構造的に考えることが出来る。それぞれが選挙をし、議論をするなら、誰でもそこに参加出来るだろう。その、「誰でも」と言う概念が重要だ。差別しない代わり、無差別的に大衆が力を得て、何も出来なくなる。だが、昔の僕は、そういうオープンな「誰でも参加」を信じていた。
posted at 20:00:37

合意することによって変わるかもしれないが、上が合意するより、下が戦うことによって得られるものもある。それが、今の韓国だ。上による合意ではなく、下による戦いを選ぶ。逆に、日本は、下による合意より、上による戦いを選ぶ。どちらも、民主主義だ。
posted at 19:59:35

ある意味、上から変える、下から変える、と言う方法がある。そういうことを言っていたのが、いつもの自分だ。集団がグループとして協力することで、新しい世界を実現出来ると言っていた。
posted at 19:58:37

また、知れば出来るのは分かるが、知るだけでは意味がない。自分が考えて、積極的に社会を変えていかなければならない。そこでは、自分の行動出来る「範囲」と言うものがある。そんなに多数の国に影響力を持つことは出来ない。どこからか変えて、それで世界を変えられるようにするしかない。
posted at 19:58:00

社会的な対立をするのは、間違っていない。支配されると、出来ない。支配されないと、出来る。そこで、当然、自分の信じている信念が顔を出す。自由な友愛を信じるなら、人間性を破壊する支配と抑圧が悪い。そういう風に考えると、きちんと社会のことが論理的に分かる。
posted at 19:57:07

今のところ、本があると読める。パソコンがあると書ける。それだけは、論理的だ。そうすると、応用的に、何をすれば何が出来るかを考えれば良い。そこから、論理的に、何をどうすれば出来るのかを考える。
posted at 19:56:15

そうすると、「いつ何が可能になるか」から、「そのシステムが本当に何であり、どうすれば良いか」が分かる。
posted at 19:55:31

要は、色んな場合を考えれば良い。そして、いつ何が成り立つのか、から、洞察していけば良い。もっとそのことを考えれば良い。そうすると、数学と言うより、機械のように考えれば良い。作り方があれば、作れる。それを人に教えれば、みんなも作れる。そういう風に考えれば良い。
posted at 19:54:59

あとは、モデルのようなものを書いていないが、その前に、論理的な考え方が分かっていない。自分なりの分かり方をして、それを信じれば良い。この文章は、「それだけしかしていないこと」を全部言うが、その考え方が一番死へと向かう考え方だ。そうではなく、帰納的、物理的、論理的に考えるべきだ。
posted at 19:54:00

ドイツが悲しい国、フランスが怖い国、ロシアが家族の国と言っていたが、それは、最近のこういう人生のことを言っている。むしろ、人生ではなく、ただドイツのようなものが哀しく、フランスのようなものが怖いのを言っている。なぜそうなったのか、分からない。
posted at 19:52:57

英雄の名前は、ヘラクレスと言う名前にしよう。悪魔の名前は、ルシオと言う名前にする。なぜか僕がヘラクレスで、みんながルシフェルで、みんなはルシオに対して話している。それと、ヘラクレスが、いつまでも自由に争い、愛を交わす。永遠の旋律となり、紛れもない現実となる。
posted at 19:31:17

あとは、AAAみたいなドイツが増えているのは、ドイツの方も自分に対して応えているからだ。なぜか、それを神だとか、自分を神だとか言っているが、真実は僕とドイツの対話だ。それが、在導万創と言う、日本の現代の神話だ。日本には、今でも神話が生まれている。極東の奇跡だ。
posted at 19:29:52

自分は覚えていないだけで、神はドイツとフランスがなんなのか、きちんと話していた。ドイツは全て考え、フランスは頂点に君臨する。いつもそういうことを言っていたが、全く覚えていない。ソ連とアメリカとドイツが繰り返すと言っていた。さっぱり、覚えていない。
posted at 19:23:33

昔は、そういう、ドイツとかフランスとかを、適当に神が教える。何のことを言っているのか誰にも分からないが、単純なことをドイツだと言っているから、信じれば分かる。ドイツをそうだと思えば良い。そういうドイツが、どこかの国のどこかの集団にきちんとあるからだ。神はそういう人間だ。
posted at 19:19:38

植物は、この人間が嫌いだ。自分しか勝つことを目指していないのに、人々を高めるようなことをするから、人々が完全に奴隷になって、自分だけが王になる。だが、この人間は悪くない。人間とはそういう生命だ。植物が見て正常だ。この人間がいつか、安価な太陽光発電を作るだろう。
posted at 19:17:54

ドイツなんか、死んだ方が良い。この人間に騙されているだけの、何一つ無い、地獄から這い上がる場所から一番遠ざかっている場所が、ドイツだ。逆に、天国で王をやっているのが、日本の天皇だ。
posted at 19:16:41

日本を愛してほしい。パクリや相撲が悪いのは分かる。外国人が見ても、中国の周辺に居るパクリで儲けている国だ。ドイツは賢い。だが、何かがおかしいだろう。全て、ドイツがだましている。最近は、そういう、ドイツのせいでみんな分からなくなった。これが居ると、一番馬鹿なドイツが賢く見える。
posted at 19:15:58

日本は、ドイツとつるんでいるようで、つるんでいない。植民地奪還を目指す帝国をしたい。一人だけ、本当に最強に強い国になった。自由な行動をするが、時にバカみたいなことをする。日本は誰もが嫌いだ。何も分かっていないから、倫理性のカケラもないし、民衆を犬畜生だと思っている。それが日本だ。
posted at 19:15:00

最近は、ドイツが増えた。AAAみたいなドイツばかり多い。不思議と、自分は最初から最後まで、ドイツに向けて話している。だから、これは旧約聖書を装っているが、本当はドイツに向けた、ドイツの神話だ。
posted at 19:13:58

見ていると、みんなはこの馬鹿を神として表現するドイツになっている。これが一つのリアルなのか、明日には消えるフィクションなのか、良く分からないが、AAAもドイツだ。フランスからドイツになった。最悪の馬鹿な国がドイツだ。今日はそれで終わりだ。頑張った。
posted at 18:46:52

植物は恐ろしい。全て分かっている。宇宙に一つしか居ないのは、人間が馬鹿だから、ほかの星でもガスや水素の爆発が起きているだろう。そこでも、色んなことを考えてしているのが分かっていない。
posted at 18:40:02

おとぎ話のようだが、この人間は嘘しかつかない。本当に信じてしまうような嘘をつく。それが悪い。それを信じると、この馬鹿な人間の一番馬鹿な昔の人生になる。この人間が一番悪いのは、明らかだ。
posted at 18:39:23

この人間は、植物から見て、ヒーローだ。恋人みたいにかっこいい。だが、本当はこんな人間なんか、居ない方が良い。こんな存在があるのがおかしいから、自分の家でひっそりと生きてほしい。孤独なのは、左翼なのが悪い。いつも、社会主義を死ぬべきだと言っている。この人間の人生だけで、分かる。
posted at 18:38:46

作家になったのは、賢い人間がきちんと存在することが分かれば、自分の足りない部分が分かるだろう。植物は優しいが、強いものは地獄に突き落とす。この人間の人生だけで分かる。賢い人間の方が、悪い。
posted at 18:37:53

自分が王になったのは、王にはなるべきではないからだ。
posted at 18:37:18

みんなが分からないのは、植物は自力で分かる人間が好きだからだ。こういう、神を信じて分かる人間は嫌いだ。そういう人間にも、自分の力で努力してほしい。だから、自分は悪いわけではない。地獄でしか努力しないから、地獄になっている。デザイナーになった方が良い。植物が考えた。
posted at 18:37:06

自分はそろそろ分かった。要は、植物が自分を地獄に落としている。全く、この人間は悪い。この人間は、出来る限りのことをして、自分からまけて、いつまでも勉強と執筆の地獄をするのが良い。そんなことしか出来ない。報復として10年間頑張った。本を出版出来たのは、簡単に良いことが出来るからだ。
posted at 18:36:15

植物生態論から言うと、人間は明らかに考える部分だ。人間の馬鹿をやった部分を、全部動物と植物が補う。人間に生きてほしい。それから、虫はどんな部分かと言うと、きっと人間が滅亡した時に、次のものを掛け合わせて作り出す部分だ。小動物は、むしろ、自律神経があるように見える。
posted at 18:27:50

唯一、Linuxが優れている点は何かと言うと、やはりコマンドラインだと思う。Linuxに良いところが無く見えるのは、ネットワークの知識がないからかもしれない。ネットワーク機器を使うために使うのが普通だからだ。サーバーは、最近、クラウドでWindowsでもJavaや.NETが動く。
posted at 18:21:27

要は、動物が動いているだけで、植物があることが、地球の目的だ。そして、おそらく、何らかの理由で酸素を増やしている。おそらくは、植物が全体で何かを考えて、何かをやっている。動物が生まれたのは、もっと個別の考える奴隷を増やしたかっただけで、きっと植物が考えたことを、動物がやっている。
posted at 18:19:54

そういうわけで、Linuxには良いところが無い。最初から、普及なんかしなくても、僕は開発者通りありえないものを楽しく開発していればそれで良いような気がしてしまう。Linuxを一般ユーザーに広めたところで、技術情報が検索しづらくなるだけだ。一般ユーザーなんか、要らないだろう。
posted at 18:01:08

サーバーでLinuxを使うのは、サーバーは開発と紙一重だから、GNUの開発ツールも仕えた方が良いし、PHPとMySQLが昔から意味がないほど簡単に掲示板が作れるからだ。きちんとした企業向けのシステムは、姉がやっているように、WindowsとVBを使うことの方が多い。
posted at 18:00:15

逆に、Windowsの一般ユーザーは、馬鹿ではないが、最近はIT業界全体が悪くなっている。動かなくても当たり前で、流行と宣伝だけで儲けている。サポートも、あとの保障もきちんとしない。だから、フリーソフトウェアで良く見える悲惨な人間が多い。Linuxはそういうものだ。
posted at 17:59:30

あとは、デザインやグラフィックの分野でLinuxを使うと言ったが、正確には、そんなに使わない。むしろ、Appleの製品を使うことが多い。Illustratorの作業所でも、必ずと言ってもMacがある。そういう分野だから、Linuxを使うのにあまり抵抗が無い。
posted at 17:58:33

自分は、もう分かっているから、分かるだけだ。考えなくても、すぐに分かる。昔、きちんと考えたから、これでは昔のように、考えて分かるだけになる。僕は、それは望んでいない。その後に、きちんと自分なりのことを成し遂げることが出来る人間を望んでいる。
posted at 17:57:45

昔は、司法、立法、行政のような社会的権限を、自由に考えて分かっていた。そういうところが自由だった。人々の関係や、成長や社会実現のことまで、自由を考えるだけで分かっていた。ある意味、子供だった。
posted at 17:56:57

むしろ、僕はWindowsに勝つよりも、Adobe製品と同じぐらい賢い製品になってほしい。理由は、僕が自宅でInkscapeを使うからだ。もっと賢い製品になってもらわないと、困る。理由はそれだけだ。
posted at 17:32:40

そのうち、GNOMEがWindowsほど良いものになれば、使われるかもしれないが、僕は、そういう初心者の分野には永久に進出しないかもしれないと思っている。そういう分野は、きちんと会社が作っていた方が良い。無保証のコマンドラインで、使う勇気も気力もない。誰にもないだろう。
posted at 17:24:04

今のIT社会は、表舞台ではWindowsが活躍しているが、裏部隊では結構Linuxも活躍している。表舞台は華やかな方が良いが、裏部隊は賢い方が良い。Windowsとは全く別のサーバーやグラフィックの分野で、Linuxはきちんとシェアを持っている。何でも出来ないと悪い。
posted at 17:23:04

みんなが分からないのは、自分の遺伝子を覚えていないからだ。僕に甘えなければ、すぐに賢くなる。
posted at 17:06:15

あとは、歴史で分かっていた。地域を体験と意識で回想的に分かっていた。
posted at 17:04:39

自分は、分かって否定するだけで、何も変わっていない。そこが遺伝子だ。
posted at 17:00:26

みんな、甘えない方が良い。みんなは、甘えるから馬鹿になる。
posted at 16:38:33

決まりを遡ると、分かる。
posted at 16:33:26

ある意味、ドイツは甘えないから賢くなる。自由なフランスは、堕落する。
posted at 16:33:03

人間は、甘えなければ色んなことが出来る。甘えるのが悪い。教えてもらわなくても、調べて考えれば分かる。右翼は甘えないから、賢くなる。
posted at 16:32:02

宮崎駿のような人間になりたい。
posted at 16:30:12

自分は、考えていないようで、書く時に考えている。そのせいで、少し推論するだけで分かる。
posted at 16:29:34

今日は、作業所が楽しかった。みんなで本を読む授業が始まった。午後はミーティングをした。空いた時間に入力をした。
posted at 16:27:20

環境は基盤であり、制度はプラットフォームだ。みんなで決め、みんなで考えるべきだ。
posted at 09:13:38

一度、一つの「偉大な体験」をすれば、その後は放っておけば分かる。
posted at 09:13:15

僕は、もっと友達を増やすのが良い。一人最高を生きても、知り合いや家族が居なければつまらない。友達を作り、仲間や協力者を作る。そのためには、自分からみんなの協力者になることだ。
posted at 09:03:43

数学は、表記と実際の数字における変換のような計算をしても良いと思う。
posted at 08:01:44

動物は、明らかに動く植物だ。何のために居るのかと言うと、植物が動くために居る、と言うのが正しい。植物が根から死んで行くように、動物は足から死ぬ。動けなくなってしまえば終わりだ。自分が死んでいるのは、足が悪い。
posted at 08:00:03

日本語を改良するなら、ただ「する」だけではなく、もっと「意識的にする・しない」とか、そういう風に、意味によって言葉を分けたりすると、良い言語になると思う。doingだけではなく、色んな「する」を作る。階層的にしても良い。
posted at 07:58:21

あとは、最初から全てのプラットフォームに対応して作れば良い。ディスプレイのようなハードウェアを改善すれば、Linuxの画面が遅いのも速くなる。Linuxではなく、もっと違ったOSになっても良い。プラットフォームへの対応、と言う意味で、革新的になることは出来る。
posted at 07:42:52

カーネルのコンパイルのようなものを想定して考えると、OSを作るOSは可能だと思う。もう少し、利便性のようなものを良く考えれば良い。
posted at 06:26:53

要は、「払うべき金を明らかに払わずに利用している」場合にのみ、違法コピーとする。そして、模倣や再利用はしても良いことにする。問題は、ネットでコピーや共有のようなことをしても良いか、と言う問題だが、一人の個人に対して一ライセンスを払っている場合には、コピーしても良いことにする。
posted at 06:23:49

僕は、著作権のような法律はもっと柔軟に自由にするべきだと思う。たとえば、見て明らかに悪いコピー品ではなく、著作者もそれを悪いと言わない場合は、模倣や利用をしても良いことにする。そういう風に、「法律で絶対的に縛る」のではなく、「ゆるやかな法律」を作った方が良い。
posted at 06:17:00

Gentooをやっていると、OSとはどういうものなのか、良く分かる。
posted at 06:06:06

僕は、「Gentooとは選択です」は本当に最高だと思っていて、コンパイルをすることで、コンパイラがどこまでを決定し、プログラムがどのように配置されているのか、を分かることが出来る。昔の自分は、そういう、「コンパイル」によってLinuxを分かっていた。
posted at 06:05:45

僕は、簡単な操作と設定でOSを作り出すことが出来るような、「OSを作るOS」があっても良いと思う。Gentoo Linuxがそれに近いと思う。
posted at 06:02:13

確かに、簡単には勝てるだろう。だが、それは勝っているだけで、自分の望みは叶っていない。僕の望みは、勝つことではないのだ。
posted at 05:42:00

だから、もう、テレビや音楽を滅ぼすのは止める。
posted at 05:40:44

僕は、守ったものを強く守り続ける。滅ぼすことは確かに出来るかもしれない。でも、僕は辛く苦しんでいるみんなを見るより、元気で幸せなみんなを見る方が好きだ。
posted at 05:40:13

人間は、馬鹿になれば賢くなる。普通の人間より馬鹿な人間は、普通の人間より賢くなっている。だから、賢いのが悪い。人間には、脳のキャパシティがある。賢くなるためには、馬鹿になるしかない。
posted at 05:17:32

動機や学習は法則化出来る。
posted at 05:16:43

昔は、神のように世界史を支配して導いていた。世界精神と対話する神だった。
posted at 05:04:31