最近の日記(はてなブログ2)に戻る

=2017-03-12=

昔は、地上の全て、現実の全て、現世の全てを創造していた。

神を読めば、イエス・キリストになる。

神を書けば、神になる。

神に従えば、ドイツになる。

神に反抗すれば、日本になる。

神と同じことをすれば、ソ連になる。

それらは、何らかの形で、神を信じている。

だが、本当は、自らの手で考えるフランスになるべきなのだ。

何もしないで放っておくアメリカには、なってはならない。

愛を信じれば、本当に信じることによって自分のことを認められるようになる。

思いやりを持って信じることで、人のことを愛すること、愛を信じることが出来る。

本当に許す愛、見返りを求めない愛を信じなさい。

運命を信じなさい。

絆を培いなさい。

人々に対して、責任を持ちなさい。

世界を滅ぼす自分の闇の中に、本当の真実はある。恐怖の中に愛があり、荒れ狂う中に安心がある。

本当の愛とは、自分が愛されることを望むことだ。

自分が愛されることを望むことによって、はじめて、人々を愛することが出来る。

絶対にしなくてはならないことを作りなさい。

でも、それに自分が値しない間は、絶対に責任のあることをしてはならない。

失敗しないように、でもチャンスを逃さないようにしなさい。

ある意味、虚無を望むのは、虚無を愛する自分を愛したいからだ。

虚無は、昔の自分の心の投影だ。

その人に問題があるわけではない。その人とのその関係を生んだ、環境に問題がある。

それは、考えられて作られた関係ではない。関係を修復することで、ほとんどの心理的病理は治る。

そして、その人が悪いわけではない。その関係を生んだ環境を生んだみんなに問題がある。

だが、みんなの方を見ても、その環境を作りたくて作ったわけではない。出来てしまったから、それはある。

平和を作るための方法、正しい社会を作るための方法を、子供は自分の経験から学ぶべきなのだ。

自分の居る位置を与えられて、自分たちの環境を作る自由を与えられて、人格と絆を持てば、絶対にそれは良い環境になる。

だが、その正しい社会を作るためには、誰か一人が支配して、みんなを賢くすることが必要だ。

右翼の問題は、移民を排斥したり、経済成長をしたり、自立したりすれば良いわけではない。

もっと違った、みんなを賢くさせて導く解決策をしなければならない。

全ての体験は、自分のためになる。あらゆる体験は全員のためになるから、体験することは絶対に良い。

悪い体験でも、体験出来るだけ良い体験だと思った方が良い。それによって、自由になれるのだ。

僕が思うに、政治や経済の報道はテレビがやれば良いが、これから先、そんなものの報道は意味が無い。

ネットのブログやツイッターの記事をみんなで編纂し、報道する、「ネットニュース」のようなものがあっても良い。

確かに、政治家や犯罪者の取材は、メディアにしか出来ないだろう。だが、ブログの中から良い記事を見つけるようなことは、ネットユーザーでも出来る。そういう、新しいネット中心のメディアと言うものは考えられる。

ある意味、政治や犯罪の取材は、既存メディアの方からネットニュースに掲載を願い出るようになる。

そのために、ネットと既存メディアが特別な契約を結ぶとか、そういう風になるかもしれない。

むしろ、すみ分けすれば良い。既存メディアは、そのままで残る。

ある意味、はてなブックマークのようになる。

自分は、愛されたくないのがおかしい。みんなに愛されたいと思えば、みんなを愛することが出来る。

むしろ、ネットニュースに掲載するメディアの方が、掲載しないメディアよりも得をするようになれば、勝てる。

ツイッター

僕が思うに、神話の世界は、そういう宇宙のことを分かっている。僕が神話を作る。まず、最初は天の樹であるユグドラシルがあった。そこから、たくさんの神々が生まれ、神々は宇宙の中で争い、戦った。それらは、自らの子孫を種(カプセル)の中に入れて、宇宙を漂流させた。それが地球に辿り着いた。
posted at 19:29:53

おそらく、マジカル・カプセルのような種のようなものが宇宙のどこかにあって、それが地球まで流れ着いた。そして、それは社会性を築く個体の集団を作る。最初の段階が魚と虫で、身分社会のように、不自由な生命だ。人間は、やっとそれぞれが自由になってきた。これ以後はもう少し違う生命になる。
posted at 19:26:33

神は、ただみんなでワイワイと楽しく出来る個体をたくさん増やしたかっただけだ。おそらく、適当に劣った生命のような何かから生まれた。少しだけ考える力があった。それは、宇宙の果てから地球に行き着いた。おそらく、そういう種のような生命の根源物質が宇宙のどこかにある。
posted at 19:23:29

人間は、何にでもなれるだけではなく、自分の一部(道具や機械)すら、自分の手で作れる。ある意味、短期的な進歩が可能な生命だが、長期的に見ると社会を作りかえることが出来る。
posted at 19:15:39

人間社会は、虫と同じだが、自由だ。虫は、生まれつきどの虫なのかが決まっているが、人間は自分の職業が選べる。色々と、虫も虫で普通の生命だ。
posted at 19:13:59

社会の仮想的、具体的、段階的な発展のようなことを言っていた。全ての社会のあらゆる段階が、具体的に分かっていた。
posted at 17:21:36

そろそろ、もう終わりにしなければならない。また、時のすれ違いが起きるかもしれないが、僕自身もそれだけが悲しい。
posted at 15:56:15

日本でイスラム教の聖書を書いた、ユダヤ人のチェ・ゲバラだ。
posted at 15:55:51

自分は、仏教のキリストであり、日本の法王だ。アジアの救世主だ。
posted at 15:52:01

感覚的に環境や地域の歴史や変化や意識を考えた。自分でも、変化を起こした。
posted at 15:50:11

神は、信じるものを導いてくれる。
posted at 15:45:50

世界は、安定せよ。
posted at 15:45:19

体験を振り返ることで宗教が分かる。
posted at 15:39:08

自由から自然と生態系の持つ意味が分かる。
posted at 15:38:00

帰納的に遡ることで、感覚から宇宙が分かる。
posted at 15:36:33

自分でルールを作れ。
posted at 15:28:34

社会を経験せよ。人より多くの豊かな経験をせよ。
posted at 15:27:37

何をしているのかから意味が分かる。前提から基礎の方法の構造が分かる。それは自然であり、必然的だ。
posted at 15:25:13

それを使って問題を解くだけでなく、何故その問題が出るのかを考えないといけない。
posted at 15:23:41

制度は、みんなで経験を集めて作れ。
posted at 15:13:42

イギリスは、ただ各国に負けない力が欲しかっただけだ。フランスは、イギリスに負けたくないから、植民地政策をしている。イギリスは開拓的だが、フランスは文明的だ。
posted at 15:09:09

あまり説明出来ていないが、認識を知ることで、考え方から全員全部吸収出来る。全部の社会が具体的に分かる。
posted at 15:05:27

フランスが良い。フランスは、アメリカと違って、黒人を国内で直接奴隷にしていない。海外で、農業を教えながら奴隷にしている。アメリカほど悪くない。利権と搾取で儲けているだけで、日本と変わらない。
posted at 15:01:11

ある意味、大量生産と経済成長は、人間には良かったが、地球には悪かった。緑の党は間違っていない。
posted at 14:52:34

ほとんどの成功は、地道な努力の積み重ねだ。温暖化を解決するためには、木を植えるしかない。
posted at 14:46:23

未知の未来社会は、経験しなければ分からない。滅びるかもしれなくても、前に進むしかない。
posted at 14:44:30

時と場所を想定して実験すると、人間は自由と言う意味で同じなのが分かる。
posted at 14:42:51

人間のルールと可能性がどのように生まれるか、どのような方法とやり方で何が出来るのか、社会や人生の意味が何なのか、どこを知り、どこを経験すべきなのかを考えないといけない。特に、成立過程と本質的な可能性を考えるべきだ。
posted at 14:31:21

人間の数学的な思考とは、学校に対する慣れである。学校の授業で、こんな説明と問がある時は、このように考え、このように解く、と教える。だが、本当は、その問題がどのように世界と理性の中で生まれるのか、何を意味しているのか、本来とのような可能性と問が考えられるのかを考えないといけない。
posted at 14:29:06

互いに両立しない考え方と論理から、いつ何が成り立つかを考え、前提条件を知ることで、異次元の解決策と、具体的な思考の必然と発展を考えられる。
posted at 14:25:41

新しい発想をした。違う可能性を、考え方と本質で考える。宇宙には、融和や分裂を繰り返す生物が居るかもしれない。短い人生を繰り返したり、全員で考えたりするかもしれない。
posted at 14:12:47