自由平和党に戻る

自由平和党(1.基本)

基本的立ち位置

姉妹政党

自由平和党は、労働地域党の姉妹政党です。

労働地域党が革新的政策を行うのに対し、自由平和党は保守・民主主義的政策を行います。

二大政党

自由平和党と労働地域党によって、二大政党を実施することを目指して行きます。

特徴

政策を国民から公募する

自由平和党は、政策をみんなの意見を集めて参考にして決めます。「みんなの意見を聞く党」をモデルにします。

ですから、自由平和党の政策は常に自由であり、一つに定まることはありません。

たくさんの候補を立てる

自由平和党は、小選挙区に同じ党の複数の議員候補を立てます。

一つの党の中で複数の候補を立てることで、「正しい民主主義」を実践します。

首相公選制

自由平和党は、党の代表である首相を国民投票で決めることを目指し、「真に自由な政党」を目指します。

平和憲法維持

自由平和党は、憲法9条を永遠に守る党として、平和憲法の護憲を目指して行きます。

保守的姿勢

小さな政府と自由経済

自由平和党は、保守的な基本政策姿勢を取ります。小さな政府と自由経済を守ります。

減税と行政の革新

自由平和党は、減税をすると同時に行政の革新を行い、「時代に沿った形での行政・役所の改革」を行っていきます。

自由選挙

自由平和党は、地域労働党とともに、選挙制度をかたくなに守っていきます。

発展のために

自由平和党は、国と経済の発展のために頑張って政策の実行力・実現力を高めていきます。