ホームページに戻る

Assyの農業入門

市民農園を借りて農業をやっている経験から書く、農業入門です。

肥料をまく

まず、土を作ります。どの土地をどの作物に当てるか、計画しながら行いましょう。

牛糞をまく

土地に牛糞を適切にまいて、スキで平たく伸ばしてください。

有機肥料・石灰をまく

牛糞の上から、有機肥料と石灰をまきます。

注意事項:同じ場所ですぐに同じ作物を作るのは駄目

注意点として、同じ場所でまた同じ作物を作ると、同じ栄養分を吸収するために、土が駄目になってしまいます。

トマトを植えた次は、同じ場所でトマトを植えるのではなく、玉ねぎを植えるなど、工夫してください。

耕す

肥料をまいたら、耕しましょう。

耕運機で耕す

一番楽な方法は、ガソリンで動く耕運機を使うことです。

労力が少なくて済むため、効率的に広い土地を耕すのに向いています。

使う時は、機械に手足がまきこまれないよう、慎重にハンドルを掴んでください。

クワで耕す

疲れますが、クワで耕すことも出来ます。

耕運機の入れない狭い範囲を耕す時などに有効です。

ウネを作る

耕すのが終わったら、ウネを作ってください。スキやクワを上手く使って、畑の原型を作り、ウネとウネの間に道を作りましょう。

この時点で、どこにどんな作物を作るかを計画しておきましょう。

マルチシートを敷く

最後に、ビニール製の黒のマルチシートを敷くことで、土の保温と保湿をして野菜を育ちやすくし、光を遮ることで雑草が生えなくします。

マルチシートを適切にカットし、プラスチック製の杭などを使って、ウネに対してマルチシートを敷き、固定します。

マルチシートには、穴が最初から開いているものと、開いていないものがあります。開いていないものの方が、柔軟に穴を自分で開けることが出来ます。あるいは、穴を等間隔で開けることもあります。

種を蒔き、作物を植える前に、適切に穴の開いたマルチシートを敷きましょう!

植え付け

ウネが完成したら、次は種を蒔くか、苗を植えましょう。

植え付け時期

植え付ける時期は、野菜によって違います。トマトやナスやキュウリやピーマンは、夏野菜です。冬には、白菜などを植えます。

以下のページを参考にしてください。

野菜の種まき時期/農業しよう!野菜栽培(育て方)

種から蒔く

種から蒔くことで、たくさんの作物を効率的に作ることが出来ます。

種の何粒かを手にとって、土にくぼみを作って、蒔いたら、水をたっぷりとやりましょう。

種から蒔いた場合は、時に、「間引き」と言うことをする必要があります。

沢山の種から出た複数の芽を少しずつ、間引くことで減らし、最終的には1つにしていきます。

苗を植える

苗を植える場合も、種を蒔く場合と同様です。たまに、不良品の苗を売っていることがあるので注意してください。

野菜別

野菜別の気付いたことです。

トマト

トマトは、直接の雨を遮るために、ビニールと支柱で作った「屋根」を作る必要があります。

また、トマトは、倒れやすいため、支柱を作る必要があります。これは、棒と結束バンドを使うことで、簡単に作ることが出来ます。

それから、害獣に狙われやすいため、網を張る必要があります。

イチゴ

イチゴは、種を使って増えるのではなく、ランナーと言うツルから増えていきます。

子や孫のランナーを大切に保管しないと、増やすことが出来ないため、ランナーを土を入れたカップに植えて、保管してください。次のシーズンに備えることが出来ます。

また、害獣に狙われやすいので、網を張ってください。

サツマイモ

サツマイモは、簡単にたくさん出来て、掘るのも楽しいのですが、ツルが物凄く増えるため、あとあと処分するのが大変です。注意してください。

葉物野菜

葉物野菜(ブロッコリーやキャベツなど)は、害虫に狙われやすいので、虫がつかないように網を張る必要があります。