ホームページに戻る

Assyの世界の文化入門

世界の文化をまとめています。

言語

日本語

日本語には、漢字、ひらがな、カタカナがあります。漢字は中国から来たものです。

中国語

中国語は、漢字だけを使って文字を表現します。象形文字を記号的に簡略化して、文字を見るだけで意味が分かります。

ドイツ語

ドイツ語は、ヨーロッパの言語の本家本元のようなところがあります。文法が日本語に近くて、英語にはない「格」と言うものがあります。これは、日本語で言う「はのにを」を表します。また、名詞には男性、女性、中性の「性」があります。

英語

英語は、格変化が無くて、名詞の性もない、文法的な要素が少ない言語です。

フランス語

フランス語は、英語とは逆に、文法的な要素が多い言語です。リエゾンと言う、単語と単語の繋がりを結合で表す特徴があります。

スペイン語・ポルトガル語・イタリア語

南欧の言語です。まだ、言語の使用者が多い方です。

ラテン語

ラテン語は、ローマ帝国で昔使われていた言語です。

ヘブライ語

ユダヤ人の使う言語です。旧約聖書はヘブライ語で書かれています。

ギリシャ語

昔、ギリシャ人が使っていた言語です。

ロシア語

大国ロシアのロシア人が使う言語です。

アラビア語

イスラム教徒のアラブ人が使う言語です。コーランは、「アラビア語で声に出して読め」と言われています。

インド地域の言語

インドには、ものすごくたくさんの言語があります。特に、サンスクリット語は、仏教で有名です。

アフリカ、アジア、太平洋、アメリカ大陸、カリブ海などの言語

世界にはたくさんの言語がありますが、これらの地域でも、昔植民地競争(世界分割)を戦ったせいで、英語、フランス語、スペイン語などを使う地域も多いです。

ヨーロッパの歴史

古代ギリシャ

古代ギリシャでは、ギリシャ人が都市国家を作って、ギリシャ神話を信じていました。ここで、初期の哲学者たちが生まれました。

古代ローマ

ローマ帝国では、たくさんの技術と知識が他のヨーロッパ各国へと伝番していきました。

ユダヤ教とキリスト教

ユダヤ人のイエス・キリストが、「ユダヤ人を救うメシアとは私のことであり、神を信じれば、ユダヤ人でなくても救われる」と説きました。

中世

中世のヨーロッパでは、血筋と身分で奴隷のように従う中で、キリスト教を信じて、農業とギルドと中世都市の商売で国民は生きていました。

城と教会

中世の各地には、城と教会がありました。何か事があると、人々は城に集まって戦いました。

中世農業革命

中世農業革命によって、たくさんの食料を作れるようになりました。

商業都市

特にイタリアのような進んだ場所では、たくさんのものが交易されました。それによって、豊かな「都市」が形成されました。

ルネサンスの三大革命

これは、正確には中国の三大革命であったと言われますが、活版印刷、火薬、羅針盤です。これによって、人々の出来ることは飛躍的に高まりました。

ルネサンス芸術

ダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどが有名ですが、ルネサンスは新しい時代として、自由な芸術思想が栄えました。

宗教改革

ルターによって新しいプロテスタントと言うキリスト教が生まれました。

大航海時代

スペインやポルトガルが中心となって、新しい大陸を発見し、その大陸の住民(インディオ)を大量に奴隷にして、金銀財宝を奪いました。あとに、イギリスやフランスも続きました。

絶対王政

国王の権力と富は最高潮に達し、国王は自分一人の力で国を改革しようとしました。イギリス、フランス、プロイセン、ロシア、スペインなど、ヨーロッパ各国は絶対王政の時代に、国民主権の国家と言う概念を生みました。

アメリカの独立戦争

アメリカがイギリスから独立し、南北戦争を戦いました。

フランス革命とイギリス市民革命

イギリスでは、早くから二度の市民革命が起きて、議会制民主主義と三権分立を実現します。

フランスでは、国王の圧政と貴族の優遇に反発した市民が、自由な権利を求めて戦いました。人権宣言を採択し、ナポレオンによる独裁政治を行いました。

産業革命

イギリスでは、産業革命が同時に進み、イギリスの力は飛躍的に高まりました。

続くフランスの二度の革命

フランスではさらに七月革命と二月革命が起き、社会主義的な思想も見られました。

民主主義的な民族の帝国統一

ドイツやイタリアでは、民族主義的で、民主主義的な統一運動が生まれました。

帝国主義

資本主義が行き着いた先は、植民地の搾取で儲ける、政府の国防軍と植民地会社による、帝国主義でした。世界分割で、どんどん世界中が植民地になっていきました。

共産主義

マルクスが共産主義を唱えました。行き過ぎた資本主義は、供給過剰によって失業者を生み出し、それをコントロールする国営の共産主義社会が生産力の向上によって訪れ、革命によって搾取はなくなるとされました。

第一次世界大戦

第一次世界大戦は、帝国主義と民主主義の戦いでした。

ロシア革命

ロシア革命によって、ロシア帝国は滅亡し、ソビエト連邦になりました。

ファシズム

ドイツは多額の賠償金を背負って何も出来なくなりました。民族主義と戦争に訴えるファシズムが広まりました。ドイツ人はヒトラーのような独裁者に希望の目を向けました。

第二次世界大戦

第二次世界大戦は、社会主義とファシズムの戦いでした。

戦後・冷戦

戦後の社会は、共産主義陣営と資本主義陣営が冷たい戦争を行いました。

経済発展と新しい生活

経済発展によって、ものが増えました。民衆は、大金持ちのような豊かな生活を享受できるようになりました。

冷戦終結

ソ連がなくなったことによって、冷戦はアメリカが勝つ形で終わりました。

IT社会

新しい社会基盤として、コンピュータとIT(情報技術)が出現しました。

世界の大学

ハーバード大学

アメリカの名門校。

カリフォルニア大学

アメリカの名門校。

マサチューセッツ工科大学

アメリカの名門校。コンピュータの先端技術が得意なことで有名。

オックスフォード大学

イギリスの名門校。アメリカに引けはとりません。

ケンブリッジ大学

イギリスの名門校。

食文化

アメリカ料理

アメリカの料理は、アップルパイとステーキが有名です。

イギリス料理

イギリスは料理がまずいことで有名です。僕も朝ごはんにジャンクフードのような食事を食べるらしいぐらいしか知りません。

中華料理

中華料理も色々ありますが、中には本当に「これは何を食べているのか」と言った食事もあります。

フランス料理

フランス料理は、少な目の食事をたくさん出して、最終的にはメインディッシュを食べられず、吐いてしまうのが通例です。

日本の旅館の料理

日本の旅館の料理も、これでもかと言うぐらいに量を出しますが、外国人は量を多いとは思わないかもしれません。

スポーツ

野球

アメリカと言えば野球です。世界でもプレイヤー国家が少ないことで有名ですが、日本はその中の1つです。

相撲

日本の国技ですが、外国人は「日本だけの裸のデブのレスリング」として誰でも知っています。

サッカー

サッカーは、世界中で国民的なスポーツです。特に、イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、イングランド、ベルギー、ブラジルが強いです。

映画

禁じられた遊び

フランス映画です。見たことがあります。

アナと雪の女王

ディズニーアニメです。最近見て好きになりました。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

SFコメディですが、僕はこの映画が一番好きです。

自動車会社

メルセデス・ベンツ

ドイツの自動車企業。日本では高級車のイメージがありますが、海外では日本車と同じぐらいの値段で売っています。

BMW

ドイツの自動車企業。

フォルクスワーゲン

ドイツの自動車企業ですが、僕はあのVWマークはちょっと下品だと思います。

都市

パリ

フランスの首都。世界の花の都です。

ロンドン

イギリスの首都。ヨーロッパの経済の中心です。

ベルリン

ドイツの首都。昔は西ベルリンと東ベルリンに分かれていました。

ニューヨーク

アメリカの最大の都市ですが、首都ではありません。首都はワシントンD.C.です。

モスクワ

ロシアの首都。

サンクト・ペテルブルク

ロシアの二番目の都市。ソ連時代はレニングラードと言う名前でした。

政治制度・政党

アメリカの政治

アメリカの政治制度は、上院・下院制で、民主党と共和党の二大政党制。元首は大統領。州には強い権限と多様性がある。

イギリスの政治

イギリスの政治制度は、上院(貴族院)と下院(庶民院)があり、保守党、労働党、自由民主党の三大政党が存在する。元首は国王だが、行政の長は首相。連合王国としての独特の地方分権を行っている。

フランスの政治

フランスの政治制度は、上院(元老院)と下院(フランス国民議会)で、複数政党制。元首は大統領だが首相にも共に行政権がある。中央集権的。

ドイツの政治

ドイツの政治制度は、連邦制が強く(連邦会議)、立法権は連邦議会と連邦参議院が有し、複数政党制。ナチの反省から、徹底的な分権主義(権力の分割)と連邦制がとられている。

ロシアの政治

ロシアの政治制度は、上院(連邦院)と下院(国家院)で、連邦制ではあるものの、国家元首の大統領が強い権限を持つ。主要政党は統一ロシア、ロシア連邦共産党、ロシア自由民主党、公正ロシアの4つ。