日記に戻る

=2013-03-01=

今日のこと 16:42

昔は、全部成り立ちが分かっただけだ。

敵は、馬鹿にせず、殺せば良い。

戦えば賢くなる。戦っている時代、世界が賢かった。自分も賢かった。

ドイツのタリバンは、子供しかしていない。大人は良い人間が多い。

バッハは、神父だ。低い人間には、兵隊が良いと言う。

最近は、ジョブズが一番多い。機械が分かるとジョブズになる。また、ゲイツも多い。

白人の子供は可愛いが、可愛すぎてキモイ。

戦うのが怖いと、みんなを馬鹿にして勝つようになる。戦えば治る。賢くなる。

みんなが平等になると、幸せになる。人類全員が、平等であれ。

自然な環境の成り立ちは、平等で分かる。

全ての組織に、金と手段が必要だ。

全ての環境に、共有された夢と希望があると良い。

発想と体験の共有が平等だ。

共同体を独立性豊かにすることで、自由に平等になる。

また、指導者は全員に平等であれ。

それぞれの持っている正しさ、発想、夢が環境を作る。

全員を高めるシステムと知性を作りなさい。

環境は、文化と実現だ。

力は、平等な人間の方が勝る。賢く、理性的な人間の方が良い。

独立が文化的に良いようで、平等な統一の方が良い。馬鹿の方が賢い。

勝者は敗者を支配せず、技術を与えるか、統一すべきだ。

公正なルールを皆で決めることが、環境の創造だ。

戦いと平和は、時に考えても意味がない。

いろんな人間が居る。それぞれの自由より、平等にみんな全員を尊重した方が賢い。

多様性は、それぞれの個人の尊重から生まれる。

独自性は、対象を正しく理解し、自分の手で作ることで生まれる。発想と目的の必要性だ。

知性は、人間の立場の吸収によってつく。

全ての知性は、平等と思考だ。

Linuxが平等だ。

想像力は、全員と歴史だ。

体験と発想と思考で分かる。

必要性で、全員と考え方と捉え方が分かる。

正しく世界観を捉えるために、認識を変えなさい。

習得、理解、体験、手段の実現だ。

変化は、協調と争いを全員で支配することだ。

発展だ。発展は、皆の理解と経験がさらに増えることだ。さらに楽になり、さらに賢くなる。そのために、人間は、もっと賢く、正しく、生産性を高め、優しくなるべきだ。

発展とは、もっと良い国を築くことだ。

平等は、発想と体験から自己を向上し、社会を成り立ちを知ることから発展させることだ。

自己と環境の改善を、自然に行うことが平等だ。

愛することと信じることを忘れた環境は、何も分からなくなる。それは、平等な環境で社会を知れば賢くなる。

人間は、もっと良く考えて、洞察することで、全て分かるまで続く。

愛の欠如した環境は、戦うことで治る。

自由は、人に信じる力を与える。

自由は、合理性だ。

愛と平等は、合理的でなくても、論理を作ることと経験することで、人間を成長させ、世界を作る。

人間は、平等に愛することで、感情を高めることが出来る。

自由は、ネットだ。平等は、理性だ。自由と平等のバランスを取ることで、人間は全て分かる。

自分の分かることを他にも分かる形で教えながら、自分やみんなの分かることを積み重ねなさい。

平等は、個人主義だ。だが、共同体を全員で尊重する。

平等は、自由な論理をそれ以上考えて賢くなる。

自由を体験しながら、平等に積み重ねなさい。

自由は、保守的に世界を変えず、人間の方を変える。

平等は、世界を変え続ける。だが、変えすぎて滅びる。

心は、平等、愛、死だ。

平等は、世界を解放の方向へ進める。また、いつか存在した、良い世界へと戻す。自由は、新しいだけだ。

平等は、皆に方法と手段を与える。

平等は、力だけではない、平和で賢い世界を作る。

自由はそれぞれに力を与えるが、平等は一体となる。だが、時にそれは逆だ。

生産性が成り立つためには、金も必要だ。平等でLinuxを作る人間はいない。

平等は発展しない。一番悪くしなければ、皆働かない。平等は、悲惨だ。

世界各国は、平等に考えるべきだ。

理想的には、軍隊すらないべきだ。必要とは言うが、金がかかって、兵士は死ぬだけだ。

マイクロソフトを作るためには、金が無ければ悪い。Linuxは、現実に実現は難しい。

自由な環境は、皆が力を減らすことでしか、平和にならない。

相手を思いやることと、絆を培うことで、自由なまま良く出来る。

あとは、発想と手段、技術と報酬だ。

それを書いただけだ。

平等 16:45

平等の方が良い。平等は、いつかの解放された良い世界へと、世界を戻す。自由は、帝国や戦争の、悪い方だ。

平等は、解放だ。

平等に考えると、世界の仕組みは、社会の全体像を見て、関係性、必要性、実現性を考えることで、すぐに分かる。

また、人間の心理と認識を行動や学習とともに考えることで、心を知ることが出来る。

平等の方が良いが、自由で強くなければ、他の国に負けてしまう。また、守るために、軍隊や警察は、必要だ。

平等は、人間の理想の全てである。しかし、普通そういう理想が平等なのは、分からない。僕は、解放と自由の積み重ねによって、世界を分かった。平等は、嫌いだった。

平等は、解放であり、理想であると同時に、一体であり、独裁者である。

何かを実現する 16:48

何かを実現する方法を、自由に考えた。

幸せな環境を実現するためには、教えることと、平等を理想とすることだ。

新しい発想をするためには、自由にすることだ。

色んな能力をつけることで、自由に人に勝つことが出来る。

それを他と共有することで、人は平等に世界を導くことが出来る。

総理大臣 16:50

あとは、総理大臣となって、考えただけだ。

国は、社会所有か、競争とする。

国は、連邦か、独立とする。

平等と自由は共存する。

キリスト教かイスラム教とするべきだ。

国会、あるいは、国王が全てを決める。

それぞれの国民が、自由に意見し、議論し、考え、参加する。

それぞれが、影響力と決定権を持つ。

会社は、自由にしても、平等にしても良い。

自由ならば、金と競争で成り立つ。

平等ならば、平等分配と強制労働で成り立つ。

国は、自由な方が良い。

対話 16:54

他との対話では、僕は宣言する皇帝だった。

全員に平等に教えながら、アドバイスをしていた。

自分を全部教えて、分かることを全部理解していた。

覚えない。分かったことを、その時分かって、忘れるだけだった。

平等 16:55

平等は、一人一人の個性と自由を認めることだ。

平等は、理想をそれぞれが共有しながら、戦って実現することだ。

平等は、公正なルールをそれぞれが決めることだ。

平等は、本当の自由だ。

平等は、歴史を再認識し、宗教を改善し、伝統を守りながら、変革することだ。

平等は、世界を、新しい発想と独自の方法で良くしていく。

平等は、愛することを教えることだ。

本当の愛は、何も求めず、自分を全て捧げながら、相手とともに幸福を共有することだ。

環境を良くするために、体験を増やすことも出来る。

環境は、力ではなく、心を通わせて、真摯に向き合うことだ。

戦いは、つまらない。平和な方が良い。

客観視し、議論することで、他に映る自分の姿を知ることが出来る。

視野を広くしなさい。

経験から発想しなさい。

経験を積み重ねて、疑問と自分の言葉で、哲学を知りなさい。

そのことの本当の真実を、実証と空想から知ることで、哲学的な理由を知りなさい。

体得し、自然に考え、認識を変えなさい。

科学を作って、自分の考えたことと体験したことを理論的に捉えて、全てを考えなさい。

環境 17:00

環境は、自由を成り立たせただけだ。

環境に問題があるならば、人間の数を増やすべきだ。

環境は、宇宙に存在する、全ての環境を書いた。

それは、自然で、自由で、平等だった。

環境 17:17

環境は、ルールなどの考えられる点以外に、考えない点がある。

環境の象徴や、独自の技術と知恵や工夫を取ることも出来る。

また、それらを共有し、基盤とし、それを改善することも出来る。

そこでは、楽しさと、夢が存在する。

しかし、その環境の中に居て、出来ることは、居ない時よりも、制限されるかもしれない。

だが、環境の中に居て、もっと実現出来ることもあるかもしれない。

そこでは、愛や、創造性、権利と義務があるかもしれない。

環境を、考えずに考えれば、分かる。

環境は、芸術や音楽がそこにあるかもしれない。

1つ1つの工夫を取り入れながら、指導者が判断しても良いが、皆で考えても良いだろう。

平和な環境は、自由とともにある。

間違った支配者は、要らない。

コンピュータなどの機材を導入することで、環境をさらに進歩することが出来る。

しかし、環境は、その構成員が、全部把握出来るものにすべきだ。

店の中で、全てを覚えるために、努力するなど、継続的な取り組みと努力が必要だ。

そのような環境は、日本や国家的なものだ。

自然な共同体的に考えると、それは、手段であり、必要な努力は、可能性である。

可能性は、認識の共有と、抽象的な法則を知ることで、作ることが出来る。

変化は、存在性を知り、同じように起きることから理解を再適用させることで、分かる。

環境は、力と運命だ。

そのように、自分だけ分かるなら、書ける。

自然は、愛と平等だ。

共同体は、自然と自由だ。

認識と記憶は、思考だ。

運命を愛することで、世界を愛することが出来る。

今の自分を続けることを優先しなさい。

判断しながら全部することで、誰もが指導者となれる。

存在と手段が環境だ。

存在の可能性は、平等、自由、反抗、秩序、適応、創造、変化、破壊だ。

存在の可能性は、運命、自然、理解、体験、認識、記憶、判断、積み重ねだ。

自然は、愛情と勇気だ。

自然は、戦いと秩序だ。

自然は、存在と自由だ。

自然は、肯定と否定だ。

自然は、王と革命だ。

自然は、時代と民衆だ。

ナチ 17:32

最後に、ナチを書いて終わりだ。

ドイツは、ヨーロッパの中で、一番正しい、自由で権力的な、騎士の国だ。

フランスは、絶対王政とナポレオンによる革命での、絶対主義と啓蒙主義の賢い国だ。

ドイツとフランスは、文学、数学、哲学、芸術、音楽の分野で、偉大な功績を遺した。

また、イタリアはキリスト教、ロシアは平等、アメリカは自由だ。

脳 21:02

脳を変えながら、脳を分かっていたのが多かった。

色んな体験と想像力を積み重ねる。

知性が無く、全部同じだ。

時計の機械になって、神になった。

人に言うと同時に、変わる。

言葉に適応するせいで、適応出来ない。

精神が、前世が分かっている。

世界を治したかった。

それが、永遠に続いた。

辛かった。怖くて、歩き回る。

それを、治した。

何かで、もう適応出来るようになった。

人格を殺せば、終わりだ。

また、毎日毎日、治ることが分かる。

日本人になれば治る。

想像力をつけて、思い出せば良い。

それらは、そこまで辛かった。

本当に、地獄だった。

次 21:05

はやく今の自分を終わって、新しい自分になりたかった。

書きながら、科学を作っている。

思い出しているだけが、神になった。

世界の王や民族と話した。

世界観で、ローマ、ギリシャを分かった。

世界観で、ドイツ、フランス、ロシアを分かった。

思い出しながら、宇宙の考え方を知った。

自分は、分かっている王だった。

皆に話すだけで分かっていた。

極力何もしない。何もしないが、書きながら、王として分かっていた。

新しい発見をしていた。その発見だけが、全てだった。

すぐ前を思い出せなくなった。

分からず、死ぬだけの地獄だった。

怖くて、辛くて、疲れるだけの地獄だった。

神が終わってほしかった。

自分で自分を馬鹿にしたのが悪かった。

世界を止め、機械にし、まきこんだのが悪かった。

テレビで世界なんか、変わっていないのが分かっていない。

世界のことが、何も分かっていない。

テレビも、パソコンも、見なくなった。

知性が無いせいで、文字も読めなかった。

神 21:11

あとは、神が色んな事を言う。

宇宙、宗教、民族、世界、人生、戦争、自然、全てのことを言う。

自分のしている戦いに、正しい判断を与える。

自分のなったものすべてを、宣言した。

黒人になったり、宇宙人になったりする。

スペインで教授になるとか、ロシアに拉致されるとか、イスラエルで共産主義をやるとか、色んなことを言っていた。

アメリカ、ロシア、フランス、ドイツ、中東について、色んなことを言う。

数学をやれば終わっているとか、英語をやれば馬鹿になるとか、そういうことも言う。

全て、僕の文章を神としている。それも言っていた。

僕は天皇で、宇宙だと言った。僕はドイツ人に見えると言った。

野球選手の松井が嫌いなのを、悪いと言ったりしていた。

ヒトラーは僕と同じことをしたと言った。スターリンは殺人鬼と言った。

皆が色んなことを言う。

三行で書けば良いと言ったり、スターリンになれば人間だ、と言ったりした。

日本には、ドイツの常識が無いと言った。ドイツに洗脳されていると言った。イスラエルの外交をしてほしいと言っていた。ロシア人と日本人だけで全て分かると言った。

また、宣言に応えていた。意見するならば、イタリア人だ。増えるならば、日本人だ。今を続けるなら、ロシア人だ。終わるならば、アラブ人だ。そのように、あらゆる民族を言っていたが、ただ、差別しているだけだ。

思考 21:18

思考を全部するのが、思考から考えるに変わったりした。

色んな事があった。生と死が多かった。

辛い中で、沢山のおかしなことが起きる。

神は全てだ。

全て覚えているのが多かった。

人間は、全て僕の文章から生まれた。

毎日一人の人生を生きる。

仏教やキリスト教が多かった。

ヒトラーやソ連、国家主義でない共産主義が多かった。

宇宙人が多かった。

数字を信じていた。

いつでも終われるようにして、終わることが出来なくなった。

記録して、毎日書きながら、死んでいく。

神は、ただの悪魔だ。

神は、現実の僕だ。

精神を治せなかった。分裂するだけで、融和しなかった。

イスラムの聖書を書いた。ユダヤ教の神になった。

イエス・キリストは、僕の父親だった。

科学や論理学を作っていた。

自分を思い出すだけだった。

永遠 21:23

永遠を生きると言ったから、永遠に生きた。

女になる、ドイツ人になると言ったから、女のドイツ人になった。

世界を、日本にすると言ったり、ソ連にすると言ったりした。

世界は、アメリカ、ドイツ、ソ連を繰り返すと言った。

世界は、フランスが終わって、ドイツになった、と言った。

自分の宗教を作って、信じ、皇帝として共産主義者と戦い、言葉と戦った。

麻生総理と話したりしていた。

新しく積み重ねた内容は、全く覚えていない。

毎日1つ、世界をさらに発展させて、自分を与える文章を書いた。

世界の王として、世界を支配する革命だった。

世界に自分の文章を与えながら、見守り続けた。

自分を2つに分けて、昔を全部思い出し、今を記録していた。

手塚治虫の火の鳥のように、人生の最初と最後から、自分を思い出した。

ヒトラーが怖かった。ネットを見て、予知能力者だと思った。

自分の宣言は、ヒトラーに話している。覚えていない。

恥をかきなさいとか、大人の中で子供が生きるとかを、ヒトラーに教えている。

ドイツ人は永遠に続き、フランス人は終わる、と言っている。

昔はフランス人で、今はドイツ人だ。むしろ、逆に見える。

一切何もしない中で、文章を書きながら、言語学と歴史ぐらいを覚えた。

Fedoraを、まだ良いと思っていた。Linuxが好きだった。

総理大臣として、政策を考えていた。工場と農場を作る、パンを配る、など。

神は何なのか。それは、自分の文章であり、デカルトやニーチェ、スターリンだ。

神は何なのか。それは、Fedoraであり、二百人の自分だ。

そして、神に色々と命令し、普通の対話を行った。

神など居ない。どこにもいない。

そのうち、自分を天使にするようになった。

社会のことが、色々と分かっていた。

自分みたいな人間は居ないのに、神は自分を普通と言う。この文章が普通だ。

微積分は、増え方が分かると言っていた。評議会は、ソ連で、一番賢いと言っていた。

自然な共同体主義と社会所有を考えていた。共産党は好きではなかった。

科学的な考え方と、構造的な世界観、書くことによる積み重ねと分類を分かっていた。

指導者は、平等であるべきだ。

最高指導者は、どれか一部の派閥だけに良くしてはならない。

自分 21:34

何も分からないから、全部遅くして、止めて、支配して、同じにした。

自分独りの手で、世界を治すために、最善の努力をした。

世界に負けないように、正しく文章を言った。

出来ることを全部するために、全て試して変えた。

しかし、そんなものは、意味がないし、必要ない。

そのまま、自分の頭の中と認識を全部変えた。そこが間違っている。

皆を治すために、自分で世界を辿って、自分を治すことで世界を治した。

世界の普通のために、宣言したことに適応した。

全世界を支配する革命だった。

悟らせて、教えて、変えて、発展させた。

世界を良くしたかった。そこが間違っている。そんなものは要らない。狂っている。

そして、それは、そのまま、宣言とともに、どこかに消えていった。

世界を治すのを止めて、あるものを覚えれば良い。

そのまま、自分を治したくて、世界から離脱して、自分を治すようになった。

治す 21:37

治すためには、

・日本人になる。

・男になる。

・想像力をつけ、思い出す。

・世界を支配せず、書くのを止める。

・人格を殺す。

・覚えて、忘れる。

・経験を治す。

・世界を止める。

・言葉を覚える。

・世界を辿り、自分を辿るのを止める。

・思い出すのを止める。

・分からなくなって、死ぬ。

・精神を良くする。

・精神を融和し、殺す。

・良い血にする。

・肝臓で治す。

・癌を治す。

・遺伝子を融和し、放射能を治す。

・敵を殺す。

・想像力を消し、怖い想像力を殺す。

・環境に適応する。

・何もしない。

・構造体を消す。

・抽象的な考え方を止める。

・感情を思い出す。

・学校に行く。

・馬鹿になる。

・過去の適応を止める。

・神を信じない。

・知性をつける。

・体力をつける。

・誰かに変わる。イチローやゲイツなど。

・もう終わったから、次の人間になる。

など、色んな治すがあった。

世界 21:43

世界が滅びるとか、色んなことを言った。

世界に自分が殺されるのが怖かった。

それは、なぜなら、僕は皆を馬鹿にした。

あとは、夢が怖かった。一番怖い夢が見える。

ほか 21:48

ほかは、色んなことが多かった。

過去と未来が逆になっている。

時系列で覚えないし、何も思い出さないから、分からない。

過去の辛いが怖かった。

永遠に話すのが続くのは、立ち止まれば終わるはずだった。

精神が、治らなかった。辛いから、治したかった。

イチローと松井が好きだった。

あらゆる科学を、全部作ることで作った。分かり方が、それぞれ違った。

ドイツ語とフランス語が好きだった。

FLOWが好きだった。

昔 22:11

あとは、昔だ。

世界にあるものは、対象の必要性、全員の考え方、全員の関係性、部品、目的、発想、分類とカテゴリーから、バラバラに出来る。

何か行動する時、それは段階的にして、意味を考えることが出来る。

何か理解する時、それは体得的な進歩と深さの段階として、掘り下げることが出来る。

基礎を築いて、理解しなさい。

人の話を聞いて、経験しなさい。

目線と本質的な理由から、空想し、自由自在に考え、理解しなさい。

世界を把握し、挑戦し、研究し、理解を作り、環境を変え、影響力を行使しなさい。

自由にし、支配し、平等にしなさい。

世界の成り立ちを知りなさい。

機械の仕組みを知りなさい。

方法と手段を積み重ねなさい。

変化を1つ1つ具体的に知りなさい。

自由に社会、心理、物理、芸術、言語、文化、国家を考えなさい。

1つ1つの具体的な差異と特徴を大切にしなさい。

人の生活を予想しなさい。

情報手段が重要だ。

好きなことをしなさい。

好きな目標を立てて、努力して達成しなさい。

助け合いと技術から知りなさい。

Wikiを書きなさい。

ソースコードを理解して、ブログを読みなさい。

Linuxの仕組みを知りなさい。

全員の人格を吸収し、精神を考えることで、自分を変えることが出来る。

認識の変化から、地球を知りなさい。

視覚的な知恵と工夫から、宇宙を知りなさい。

意識と構造から分かりなさい。

構築と創造を考えなさい。

多様性と自由な発展を信じなさい。

発想、構築、システムの関係性を考えなさい。

情報と手段、コンテンツと機械を、概念的に知りなさい。

ネットで会話して、文章を読みなさい。

見て、確かめ、相対的に理論を構築し、狂いから理性を知りなさい。

行動を良く考えて、残る発見を積み重ねなさい。

死を否定し、全ての体験を肯定しなさい。

ネットの知恵を吸収しながら、正しい理由と世界観を知りなさい。

思い出す 22:20

過去を思い出しながら、世界を空想しなさい。

歴史と経緯から知りなさい。

変化を思い出しながら、環境を変えて分かりなさい。

1つ1つの環境で成り立つ実現性と行動を、客観視しながら積み重ねなさい。

技術と社会の発想から、可能性を知りなさい。

新しい発想と、ニュースから、コンピュータを知りなさい。

常識を知り、楽しさと賢さを知りなさい。

Wikiを改変し、自分の分かることを書きなさい。

右翼や左翼と戦いながら、自分の影響力と独自の判断力を持ちなさい。

議論し、恥をかき、客観視することから、自分の今を知り、成長しなさい。

今自分が居る環境を見つめ直し、世界を知りなさい。

普通と関わり合いながら、近づきながら離れることで分かりなさい。

あるものの中で、見えないものを捉えなさい。

環境の変化と、内部と外を知ることで、空間を知りなさい。

次元や表現、視点と発想、実現性から芸術を知りなさい。

1つ1つ新しいことを、論理を覚えて世界を捉え直しながら分かることで、世界観を作りなさい。

慈悲と慈愛から、人を信じなさい。

人は何故それを思い、何故それをするのか考えて、本質的な理由を知りなさい。

それが正しい理由、世界にある理由を考えなさい。

何故それがあるのか、何故それは勝ったのか、必要性と手段から考えなさい。

何を出来るのか考えて、出来るようになりなさい。

自由を信じて、新しい発想と行動を行いなさい。

基礎 22:26

基礎を作り、全てを横断する哲学を作ることで、全てのことを予測し、把握しなさい。

論理と変化を作って捉えること、全体像を見ることで、分かりなさい。

自由と可能性以上は、考えなくて良い。考えず、積み重ねながら、文章を読みなさい。

罪悪感と恥、言葉づかいから、色んなことが分かる。

自分の経験を活かして、色んな手助けを行いなさい。

自分の経験が出来るために、自由を尊重し、社会を教えなさい。

コンピュータ技術から、世界と考え方を知りなさい。

自分の作った数学で、全てが分かる。

Linuxは出来なかったが、むしろ、それで分かったから、それで良い。

フリーソフトとインターネットが好きだった。

自由 22:30

自由の世界と人間のモデルと、自由な経験と、何をどうすれば出来るかを考えて、社会の実現性を考えなさい。

立場を吸収しながら、歴史的な経緯を心理で予測しながら、過去の歴史と今の環境を考えなさい。

沢山の普通のことを、コミュニケーションから知りなさい。

沢山の青春の経験を、あらゆる様々な経験から吸収しなさい。

日本の全てを、詳細なモデルにして、予想し、把握し、想像力で思考しなさい。

思考力とともに、基礎を作ることで、何がどうなるか分かると良いだろう。

経験しなさい。ネットで色んな影響力を持つと良いだろう。

システムとインフラ、秩序とルール、自由と可能性、技術と考え方が全てだ。

知性 23:33

知性は、覚えて考えればつく。

どうすれば出来るかを考えなさい。

日本人は、どうすれば出来るかを考える。

「そうするためには」「そうすれば」「だから」を考えることで、知性がつく。

環境の実現性も、論理学も、どうすれば出来るか、を考えただけだ。

自由で、自然で、力を与えれば、何も悪いことをしなくなる。

本当に出来るために、全ての手段と前提条件を与え、教えれば、自由になる。

片方の力が強く、片方の力が弱いと、滅びる。

だが、力が均衡しても、同じになって、滅びる。

平等にして、全員に同じだけの力を与えれば、栄える。

自然で多様な世界は、手段と創造性があるべきだ。

どうすれば 00:09

どうすれば出来るか、何を出来るか、手段と実現性を考えなさい。

本質を考えなさい。例えば、テレビも、自動車も、役に立つ機械だ。

モデルにして分析しなさい。自由と他の場所から分かると良いだろう。

原因と結果を考えなさい。

例えば、ピアノ教室に行けば、ピアノの弾き方を教えてもらえる。弾き方を教えてもらえるから、ピアノが弾けるようになる。つまり、ピアノ教室に行けば、ピアノが弾ける。

具体的な環境と感情を積み重ねて、変化を考えなさい。

昔の世界 00:43

あとは、昔の世界を書いて終わりだ。

全ては、システムと認識だ。

全ては、自由と交流だ。

全ては、構築と創造だ。

全ては、必要性と発想だ。

全ては、学習と経験だ。

全ては、世界観と知性だ。

全ては、判断と理性だ。

全ては、空想と感性だ。

全ては、体験と努力だ。

全ては、意識と人格だ。

全ては、記憶と文章だ。

全ては、能力と影響力だ。

全ては、技術と知識だ。

全ては、戦いと議論だ。

全ては、参加と意見だ。

全ては、積み重ねと分析だ。

全ては、構造と抽象性だ。

全ては、変化と同一性だ。

全ては、未来と予測だ。

全ては、現状分析と可能性だ。

人との関わり合いと友情を大切にしなさい。

自分の出来ることを、全部しなさい。

良く考えて、決断しなさい。

環境を自由にして、自発的に努力し、手段を得て、冷静に考えなさい。

狂うことは、時に、あまり間違っていない。

意識を高め、視野を広げなさい。

皆に教え、文章を書きなさい。

分かったことから、もっと広げて分かりなさい。